Suicaのチャージはコンビニでできる?! チャージ可能なコンビニとチャージ方法を紹介!

 

Suicaとは鉄道、バス、買い物など

どこでも利用できるJR東日本のICカードです。

JR東日本のホームページを参考にメリットを紹介します。

スポンサードリンク

Suicaのメリット

・「ピッ」とワンタッチするだけで改札機を通過できます。

電車に乗る時、切符を買うために並ぶ必要がありません。

Suicaを改札機の読み取り部にタッチするだけでスムーズに通過できます。

改札を出るときも一緒です。パスケースやお財布に入れたままでも

きちんとタッチすれば通過できるので楽です。

・定期券区間以外で乗り降りしても改札機で自動精算できます。

「Suica定期券」はあらかじめチャージすることで、切符を購入し、

精算する必要がないので手間がありません。

・Suica1枚で日本中利用できます。

北海道から九州までKitaca、PASMO、TOICA、manaca、ICOCA、

PiTaPa、SUGOCA、nimoca、はやかけん、iciscaの各エリアにおける鉄道、

バスなどの利用が可能になります。

しかし、各エリアをまたがっての利用はできません。

・買い物でも改札を通る時と同じ感じで「ピッ」とワンタッチで済みます。

鉄道の利用だけではなく、Kitaca、PASMO、TOICA、manaca、

ICOCA、SUGOCA、nimoca、はやかけん、iciscaのコンビニで

この機能を使って買い物できちゃいます。

いそいでいる時など、いちいち小銭を出さなくて済みます。

*PiTaPaはこの機能がありません。

・カードに情報を読み込ませてそれを書き換えることができる機能があることです。

カード面の印字情報を書き換えることができるリライト機能を採用しています。

同じカードを繰り返し何回も使用することができます。

・何回もくり返して使える入金(チャージ)機能です。

入金(チャージ)機能があるので、残高が少なくなった場合は

Suicaマークのある自動券売機や多機能券売機等で

現金で入金(チャージ)することができます。

入金(チャージ)することで同じカードを何回もくりかえして

使うことができます。

1回の操作で入金(チャージ)できる金額の単位は500円、1000円、

2000円、3000円、5000円、10000円の6種類で、

上限20000円までは何度でも入金できます。

・再発行できるので安心です。

「My Suica(記名式)」や「Suica定期券」は万が一なくしても

スポンサードリンク

再発行ができます。なくした時はSuica、PASMOエリア内の

主な駅の窓口にいいます。

なくしたカードの利用を停止して、

停止完了となった時点での入金(チャージ)残高を保証してカードの再発行をします。

再発行のカードは翌日以降の受け取りになります。

引用元  https:// www.jreast.co.jp/suica/whats/

Suicaに入金(チャージ)ができるコンビニ

Suicaの利用ができることが前提として、

「NEWDAYS」

「サークルK・サンクス」

「セブンイレブン」

「ファミリーマート」

「ミニストップ」

「ローソン」

です。一部店舗はできない場合もあるので確認しましょう。

コンビニで入金(チャージ)する方法

① まずはコンビニスタッフに入金(チャージ)の旨を伝えましょう。

② 店員の指示にしたがって、カードを読み取る機器の上にSuicaをのせます。

③ 入金(チャージ)したい金額をレジのお客様側画面からタッチして選びます。

④ 端末に表示される金額を確認してピピッと音が鳴ったら完了です。

⑤ レシートをもらってきちんと入金(チャージ)できたか残高を確認しましょう。

わからない場合は迷わず店員に聞きましょう!

まとめ

Suicaが出たばかりのころは、電車だけでしたが

今では買い物までできるようになってすごいなと思います。

私は学生の時、ICOCAの定期をもっていましたが、

ただの定期としてしか使っていませんでした。

それが、日本のどこでも使えるようになり、

自動販売機でジュースなど買えたりいろいろと

メリットが増えて便利になりました。

入金(チャージ)も駅だけでなく、手軽にコンビニでできるようになって

便利になりました。煩わしい小銭の出し入れをしなくても

カードをピッとするだけで済むので本当に楽になりました。

スポンサードリンク

コメントを残す