オリーブオイルを飲んだり食べたりして得られる効果!まずいと感じている方必見!

オリーブオイルはオリーブの実からとれるオイルで

酸化しにくいと言われているオレイン酸が多く含まれています。

油を摂取すると太る!酸化する!と思っていたけれど、

オリーブオイルは反対で、太りにくくて酸化しにくいと言われています。

ここで言っている酸化とは、老化や変質物の事です。

太りにくくて老化しにくい油だったら使いたいですよね。

スポンサードリンク

便秘解消だけじゃない!美容効果・健康効果!

① 美容効果

オリーブオイルは抗酸化作用が高くて、

保湿や硬くなった肌を柔らかくしてくれる効果があります。

メイクの油分と馴染みがいいのでクレンジング剤にも多く使われています。

② 生活習慣予防

オレイン酸がたっぷり含まれていて、悪玉コレステロールを下げてくれます。

血小板の凝血作用をおさえる働きがあって動脈硬化の予防をしてくれます。

カルシウムなどミネラルの吸収を高めるので、

骨粗しょう症の予防にもなります。

③ アンチエイジング効果

オリーブオイルに含まれている抗酸化作用には、

お肌の老化を遅らせる効果があるといわれています。

オレイン酸が中性脂肪をつきにくくしてくれるほかに、

鉄分・ベータカロテン・ポリフェノール・カルシウム・ビタミンE など、

若さを保つために必要な栄養がたくさん含まれています。

④ 乳がん予防

オリーブオイルに含まれる各種フェノール成分が乳がん細胞全滅させたという

研究結果が出ています。

オリーブオイルとサラダをたっぷり摂ることで

乳がんの発症リスクが下がるというデータも出ています。

⑤ 記憶力のアップ

オリーブオイルの中に含まれるオレオイルエタノールアミドという物質が

記憶力アップに効果的であるということがわかっているようです。

⑥ 白髪や抜け毛対策

白髪の原因となる活性酸素の働きを抑えるビタミンEとビタミンC

オリーブオイルに含まれているので黒髪が白髪になりにくくなるようです。

⑦ ダイエット

オリーブオイルにたっぷり含まれているオレイン酸は

脳の満腹中枢を刺激して満腹感を出す作用があるので、

ダイエット中で食事制限している人には、手助けになるかもしれません!

スポンサードリンク

食事の1時間ほど前にオリーブオイルを摂ると食事で

早めに満腹感を感じて自然と食事の量を減らすことができます。

オレイン酸は皮下脂肪の原因 となる中性脂肪を

つきにくくしてくれる効果もあります。

それに胃酸の分泌を調整して、腸の働きを整えてくれることでお通じもよくなり、

血糖値をコントロールするインスリンの働きを助けて

体脂肪もたまりにくくなる効果もあります。

1日に摂る量は大さじ1~2杯が目安です!!

カロリーは他の油とほぼ同じ5gで46kcalなので

あまり摂りすぎても意味がありません!!

 

まずいと感じて飲めない人におすすめレシピ!

オリーブオイルをそのまま飲める人はいいですが、

そのまま飲むのに抵抗がある人の方が多いと思います。私もそうです。

そんな人たちのために、手軽に摂取できる方法を紹介したいと思います。

・普段使っている油をオリーブオイルにかえて普段から少しずつ摂取してみる。

炒め物も普通の油からオリーブオイルで炒めることによって摂取できます。

これなら手軽にできるし、あまり気にならずに摂取できると思います。

・オリーブオイルと「白ネギ」

白ネギを斜めに切って、オリーブオイルで炒め、塩と黒コショウで味付け。

・オリーブオイルと「長芋」

長芋を1㎝くらいの輪切りにしてオリーブオイルで炒め、塩コショウするだけです。

・オリーブオイルと「ゴボウ」

ゴボウをオリーブオイルで炒めて塩コショウするだけです。

・オリーブオイルと「生ハム」

ベビーリーフに好きなドレッシングをかけて生ハムをのせて、

オリーブオイルとお好みでブラックペッパーをかける。

これはごく一部ですが、まずは気になったものから試してみましょう!!

まとめ

我が家もまずは普通の油からオリーブオイルにかえて調理しています。

オリーブオイルはいいことばかりで摂取しないともったいないです。

でも、苦手な人もいると思います。

無理なく取り入れて摂取できるといいですよね。

スポンサードリンク

コメントを残す