ちゃんと考えてる?!ママになるその前に!出産に備え保険の見直し

出産ってお金もかかるし大変です!

少しでもプラスのなるお金があればうれしいです。

スポンサードリンク

出産費用って保険がきかない?!こんなにかかる!!お金のはなし

出産費用とは、病院や産院での出産時にかかる分娩費や入院費の事です。

地域や病院や産院によって差がありますが、

大体平均的に40万から50万円かかると言われています。

妊娠、出産は病気ではないので、基本的には健康保険が適応されません。

でも、帝王切開の手術費などには健康保険が適応されます。

あと、健康保険か国民健康保険に加入していれば、

出産育児一時金がもらえます。

ただし、妊娠4ヶ月以上の状態で出産に限ります。

出産育児一時金は子ども1人につき42万円で、

双子の場合は2人の金額84万円が支払われます。

「直接支払制度」を選べば、健康保険から病院へ直接42万円が支払われるため、

退院時には42万円を超えた金額だけ支払うことになります。

出産費用が42万円未満の場合は、手続きをすることで差額分がもらえます。

これだけでも本当に助かります!!

個人で加入している医療保険でカバーできるものもあります。

でもあくまでも普通の分娩ではない場合です。

たとえば、帝王切開で出産して入院した場合は、

入院給付金と手術給付金が支払われます。

でも、加入している保険の内容によって違うので、必ずとは言えませんが、

入院給付金と手術給付金がついている医療保険に加入していればもらえます。

まずは自分の加入している保険を確認しましょう。

出産育児一時金を受け取って、

さらに医療保険からも支給されるので大きなプラスになります。

今からでもまだ間に合う?!出産保険に加入のすすめ

妊娠する前から個人で医療保険や女性特有の医療保険に加入していれば

いざというときにお金の面では心配ないです。

私は実際、一人目妊娠の時、

妊娠7ヶ月の後半に切迫早産の疑いで2か月ちょっと入院してしまいました。

スポンサードリンク

でも、結婚した時に医療保険に新たに入りなおして見直して

女性特有の保険の保障を手厚くしておいたおかげで

入院給付金などが保険会社から支給されてすごく助かった覚えがあります。

妊娠・出産は何があるかわからないので、

まだ加入していなければ入っておくといざというときに安心です。

 

妊娠していると保険に入れないと思いがちですが、

今は条件によっては入れる保険があります。でも保険料は少し高めです。

・ABCおかあさん保険

妊娠19週までなら加入が可能です。

責任開始日以降に成立した妊娠であれば、

自然分娩による入院でも入院給付金が受け取れます。

入院中に手術をうけたら給付金5万円が受け取れます。

 

・CO-OP共済女性コース

告知事項の中で該当する項目がなければ妊娠中での入れます

分娩中のトラブルや合併症も女性のために手厚くカバーしてくれます

・フェミニーヌ(NKSJひまわり生命)

・キュア・レディー(オリックス生命保険)

・メディカルKit女性プラン(東京海上日動あんしん生命保険)

・エブリワン

妊娠中でも入れる保険は上記のとおり意外とたくさんあることがわかります。

まだ加入していない人は検討してみてください。

妊娠・出産は何があるかわからないので加入することをおすすめします。

でも決して安いものではないので無理にとは言いませんが、

入れる余裕があるのであれば入っていた方がいざという時に安心です。

まとめ

何回も言いますが、妊娠・出産は何が起こるかわかりません。

私も保険なんて無駄な出費だと思っていましたが、

こうして実際に切迫早産になって、保険に入っておいてよかったなと思いました。

保険に入ってなかったら、切迫早産の入院費は実費だっただろうし、

医療費限度額適応認定証を利用したとしても思わぬ出費になっていたことには

間違いありません。改めて医療保険のありがたさがわかりました。

無理のない程度の保険に加入しておくことをおすすめします。

実際、私は妊娠してから保険に入ることができないと思っていたので、

入れる保険がこんなにあるのなら入っておいた方が良いと思います。

スポンサードリンク

コメントを残す