掃除は、重曹とクエン酸があれば大丈夫。

掃除は重曹とクエン酸で大丈夫な理由は、汚れは、アルカリ性と酸性。

重曹はアルカリ性でクエン酸は酸性。

酸性の汚れは重曹で、アルカリ性の汚れはクエン酸で

中和して落とせるからです。

スポンサードリンク

重曹とクエン酸って何?

テレビでも雑誌でも、掃除には重曹とクエン酸って言葉よく聞くと思いますが、

でも重曹とクエン酸って何?って思うことありませんか。

重曹は、焼き菓子などのふくらし粉として使われていたり、

胃腸薬の成分としても使われているものなのですが、

掃除をするときも使うものなのです。

重曹といっても、医療用から食用、工業用とありますが、

重曹の純度が違うだけなのです。

医療用が純度100%、食用が98〜99パーセント。工業用は、95〜98%です。

掃除や洗濯に使うのなら、工業用のもので十分です。

もちろん単価もぐっと安くなります。

お肌のケアや口腔のケアに使うのであれば、食用の重曹をおすすめします。

重曹は、油分を乳化することができたり、たんぱく質を分解することができるので、

台所のレンジ周りなどをきれいにします。

柔らかい油は得意ですが、かなり年季のある油は少し苦手ではあります。

粒子は細かいのですが、水い溶けにくい性質があるので、クレンザーとして使えます。

重曹はアルカリ性なので、酸性のものを中和して分解するということが得意なので、

冷蔵庫や生ごみ、靴箱、排水溝などの酸性物質の匂いを中和する働きもあります。

クエン酸とは、果物の酸味の成分のことで、水に溶けやすく

無職無臭の白い粉末です。

加工食品に含まれる食品添加物でもあります。

クエン酸も、食用と掃除用に分かれていて、製造過程の純度にあります。

食用のクエン酸は純度が99.5%以上のものです。

食用のクエン酸は、疲労回復、鉄、マグネシウムの吸収を高める、

動脈硬化の予防、痛風の改善など硬化があるといわれています。

掃除用としては、クエン酸は、酸性なので、

アルカリ性の汚れや匂いを中和して分解する作用があります。

トイレのアンモニア臭、シンクの水垢といったものを落とす洗浄作用もあります。

洗濯なら柔軟剤としても使えるのです。

金属の溶解作用により、水中のカルシウムが固まってしまった金属類に

こびりついた汚れを溶かすので、ポットの中のカルキの掃除などに使われます。

スポンサードリンク

 

家中ピカピカ掃除方法


重曹とクエン酸を使って、家の中の掃除がほとんどできるといわれていますが、

その理由として、汚れを中和、分解をすることができるからです。

汚れは、油汚れ、手垢、皮脂、生ごみの匂いといった酸性のもの、

水垢、アンモニア臭などのアルカリ性のものに分けられるのです。

重曹はアルカリ性、クエン酸は酸性なので、理論上からは、

全ての汚れに対応できることになります。

クエン酸は殺菌作用もあるので、菌の繁殖を抑えてくれます。

重曹なら、油汚れ、鍋の焦げ、重曹水スプレーを作っておくと、

家中の手垢や皮脂の掃除、消臭効果もあるので便利です。

重曹水は、水100mlに対して小さじ1杯の割合で作っておきます。

市販のスプレー容器に作っておくことで、台所や油分がついているテーブル、

手垢がついている家具の拭き掃除の時に簡単で、安全に使えます。

フローリングの皮脂なども取れるので、

ペットや小さい赤ちゃんがいる家庭には安心して使えます。

クエン酸も、クエン酸水を作っておくことで、掃除が楽になります。

水100mlに対して、クエン酸小さじ1/2混ぜ合わせて、

スプレーボトルに入れておくといいでしょう。

クエン酸は水垢が得意なので、トイレ、お風呂場、洗面所とスプレーで

クエン酸水を吹きかけて拭き取ってあげます。

トイレのアンモニア臭に効果的です。

排水溝やトイレなど、ぬめりや臭いが気になる所や頑固な汚れには、

重曹とクエン酸とお湯を使っていきます。

割合は、重曹が2、お湯が2、クエン酸が1という割合が汚れが落ちるのです。

 

最後に

排水溝の掃除なら、重曹を排水溝に満遍なくかけます。

クエン酸とお湯をかけて10分程度そのままにしておきます。

この時、クエン酸と重曹が反応してジュワジュワと泡が出てきます。

炭酸のチカラで汚れを浮かび上がらせるのです。殺菌作用もあるので、

汚れと菌の両方を掃除してくれます。

基本的には、家の中の掃除は、重曹とクエン酸でまかなえると思います。

安心、安全に掃除ができるのではないでしょうか。

 

スポンサードリンク

コメントを残す