指が膿んで痛い原因と対処法 腫れた時は何科に行けばいい?

指化膿

3日前から左手中指爪の横に膿ができて腫れてきたので、
病院に行ってきました。

指が膿んで痛いときって何かに行けばいいのか迷ったり、
腫れてしまった原因や病院での対処方法を
不安に思った体験談をまとめます。

スポンサードリンク

指に膿ができた原因は何だった?

病院に行って診断してもらったところ、
指に膿ができた原因は、膿の色から、
「黄色ブドウ球菌」と「緑膿菌」との診断でした。

5日前に爪を切り、それが深爪気味に
なってしまっていてしかもささくれ状態になっていたので、

ささくれを取り除いてしまったんですよね。
そこから菌が入り込んでしまったようです。

黄色ブドウ球菌だと黄色っぽい白色、
緑膿菌だと名前の通り緑色になる傾向があるそうです。

実際に、全体的には黄白色で奥の方が緑色になっていました。
カラダが緑色になるということが考えられなかったので、
心配になっていたのですが、ちょくちょくあるようですね。

指に膿ができたときの対処法

病院に行って膿を出してもらい、塗り薬をつけて、
抗生物質を飲むのがいちばん早く治るようです。

悪化してしまい、爪の下まで膿が入り込んだ状態になると、
爪を剥いでしまわないといけなくなる可能性もあります。

病院に行くまでは、
・消毒して清潔な状態にする。
・むやみに刺激しない(触らない!)
・ものが当たるので絆創膏やガーゼで保護しておきましょう。

病院に行く前日までは、パソコンでタイピングするときや
箸を持つときにものが触れた場合に痛くなっていました。

当日にはなにもしなくても指がズキズキする状態に。
これは、気になってむやみに触っていたのがよくありませんでした。

ふかづめやさかむけ(ささくれ)以外にも、
爪を噛む、マニキュアがきっかけとなって菌が入るようです。

指が腫れて何科に行った?

今回は、「皮膚科」に行きました。

病院での処置内容としては、わずか2分!

針で化膿した箇所を刺して、その針を抜いた後に、
指で膿を押し出しました。
最初は看護師さんが押してくれたのですが、
お医者さんが、
「まだ十分に出し切れてないな~。ここは心を鬼にして!」
といってそこからさらに膿を押し出しました 笑

痛かったのですが、治療はあっという間。
症状が悪化するともっと痛くなるようなので、
早めに病院に行ってよかったです。

深爪した時には清潔に保つ!

今回、つくづく思いました。
清潔に保つことって大事ですね。。。

深爪やささくれを甘く見ていたので、
これからふかづめをやってしまった場合には
清潔に保つようにします。

スポンサードリンク

コメントを残す