花火大会の誘い方女の子からシャイな男を誘ってみよう!告白も?

花火大会

花火大会にシャイな男の子を誘いたい!2人で一緒に行きたい!と思っているけど、
「断られたらどうしよう」
「どうやって言えばうまくいくのかな」

という思いが出てきますよね。
シャイな男が女の子にどうやって誘われたらうれしいのかをご紹介します。

>>乱視用もある人気カラコン【バンビーナ】<<

花火大会の誘い方女の子からはどうすればいい?ふたつの方法

女の子から誘ってもらえるのは、シャイな男の子にとって
恥ずかしいけどうれしい気持ちになることが多いと思います。

もし、一度断られたという場合にも、男の方も本当は一緒に行きたくても、
恥ずかしさのあまりどうすればいいのか混乱して
ひとまず断るという気持ちになっていたのかもしれません。

では、どうやって誘われればその気があった場合に
「誘ってくれてありがとう。行こう!」となるのでしょうか。
こうやって誘ってもらえるとうれしいしスムーズに「YES!」と言いやすいと
思われるふたつの方法をご紹介します。

まず一つ目は、段階を踏んでから花火大会に誘う方法です。
これまであまり話したことがないのにいきなり「花火大会に行こう」と言われると、
うれしいと思う人もいる一方で、混乱してしまうかもしれません。
ここはひとそれぞれなので、少しずつ距離感を縮めた方がよさそうであれば、
まずは
「お腹すいたのでカフェに寄りませんか」
とか
「この映画を観たいので一緒に行きませんか」
と誘うのがいいと思います。

そうすれば、相手も次の誘いをYESと言いやすいので
「今度は花火大会に行こう」
とスムーズに誘いやすいと思います。

ふたつ目の方法は、誘う前の準備をしっかりとこちらで立てておくことです。
どうして必要かと言うと、誘われた相手は、自分が女の子をうまくエスコートできるのか不安に感じているかもしれないからです。
そうならないように行くお店やちょうどいい待ち合わせ時間をあらかじめ下調べしておきましょう。
相手の予定や不安に答えられるようにしてあげておくとスムーズに話が進んで彼も安心するはずです。

では、具体的にどんなことを下調べして誘えばいいのでしょうか。

シャイな男の子の誘い方

相手の男がシャイだと、「何時に待ち合わせをすればいいかな」、「花火大会の前か後に行くお店がわからない」、「穴場スポットを探した方がいいかな?」と不安が先に来てしまい断ってしまうのかもしれません。
そこで、誘う前に事前に下調べしておくことをおすすめします。

・候補となる花火大会のスケジュールをいくつかピックアップしておく。
・花火大会の前後に行きたいお店をピックアップしておく。(もしくは、屋台で食べようと彼に伝える。)
・観覧スポットをざっと調べておく。(穴場スポットがわかるようであればなおgood)
・候補日のイベントをいくつか調べておく。

あらかじめこれらを調べておくと、自分でやるのが面倒だと思う男子が、
すでに解決しているので誘いにOKを出しやすくなります。
前もってこの日だったらここの花火大会と調べておけば相手のスケジュールを聞きながら決めることができます。

言い方もいくつかのパターンをご紹介します。
ストレートな言い方
「花火大火あるから一緒に行こう。」

こちらの希望を伝える
「花火大火あるから一緒に行きたいな。」
この言い方をいいと思っている子に言われるとドキッとします(笑)

お願いする言い方
「花火大会に一緒に行ってほしいな。」
「花火大会に連れて行ってよ!」

この言い方だと、「仕方ないなあ。行ってもいいよ」となりやすい!

ついで(を装う?)言い回し
「今度、ご飯食べに行こう。せっかくだったら花火を見に行こう。」

自然な感じで誘いたいときに。

同じようでニュアンス違いがいくつもありますね。

決まった後は、待ち合わせ場所や時間やプランをさっと約束しましょう。
シャイな男の子は、どうしようかとあれこれ悩むことがあります(笑)
浴衣で行きたいと思っている場合には、このときに伝えておくといいでしょう。もしくは、当日サプライズもありですね。

花火大会で女の子から告白はあり?

花火大会当日に告白しようと思っている方もいると思います。
花火大会に一緒に行くということは、悪い印象は持っていないことは確かだと思います。
そうであれば、告白するのはもちろん「あり」だと思います。
相手に告白してほしいなと言う場合だと、相手がシャイでなかなかいい出せないということは十分にあり得ます。

そのときには、待つ気があるのでしたら気長に待ってあげてくださいm( )m

告白のタイミングとしては、
・花火を見ている最中
・花火を見終わってご飯を食べているとき
・帰り際

花火の最中はロマンチックな感じですね。
ご飯を食べている時やカフェ中だと、じっくりと向き合って伝えることができます。
帰り際だったら、それまではドキドキしっ放しかもしれませんが、相手にとっては一番リラックスできていいかもしれません。

さいごに

夏の思い出花火大会!いい思い出になるといいですね。
最後に、相手を誘うのをためらってしまう気持ちにひとこと。
「やらないで後悔するよりも、やって後悔した方がいい」

では!

コメントを残す