東京電力からエネオス電気に乗り換え!料金はどうなった!?

ゴリラ君 節約
スポンサードリンク

ゴリラ君
電力小売自由化が施行されて実に様々な企業が参加し、各社現状よりお得と思われるプランを打ち出しました。

ですが、あまりの選択肢の多さにどれを選んだらいいのか分かりにくいというのが本音だと思います。
もちろん現契約を変更せずに使い続けることも可能なのですが、私は電力会社を東京電力からエネオスでんきに乗り換えました。

スポンサードリンク

エネオス電気に決めた理由

電気という超重要なインフラを契約変更するということに不安がなかったわけではありません。

自然災害や事故などで頻繁に不具合が出たり、復旧が遅れるようなことでは困ります。
なので元々電力事業に携わっていたエネオスでんきを選択しました。大手企業の安心感もありますし。

ホームページで電気料金の試算もできるのも便利で、私の場合、現状よりも安くなるシミュレーション結果でした。
また料金に応じてTポイントも付与される(還元率0.5%)ので、わずかではありますがその分お得でもあります。

また私は持っていませんが、エネオスカードで支払いするとさらにポイントが付くようです。

お得といえば携帯料金とセットでさらに割引になる携帯会社のプランもよく目にしますが、
容易にキャリア変更できない「縛り状態」になってしまうので選択肢からは外していました。

東京電力からエネオス電気に変えた結果の電気料金

契約変更と言っても書面またはネットでの手続きだけで完了するので手間もかかりません。
実際、申し込み後もいつの間にか電気メーターをスマートメーターに取り替えてもらっていたくらいで工事立会いとか宅内作業とかも必要ありませんでした。

そして気になる電気料金。切替えて数ヶ月経ちますが、結論から言って想像以上に電気代を安く抑えることができました

ちなみに6月の電気料金は、
昨年4,632円(東京電力)だったのが、今年(エネオスでんき)は4,008円

そして我が家で一番電気代がかかる夏の時期は、
7月5,826円4,240円、8月6,068円4630円でした。
特別な節電はしておらず電気使用に関しては昨年とほぼ同じなので、この価格差は結構驚きです。

電気使用量120kwhまでの料金は1kwhあたり20.76円(東京電力は19.52円)と1円弱高いのですが、
120~300kwhまでの料金は23.26円(東京電力は26円)と逆転します。

そして300kwhを超えると25.75円(東京電力は30.02円)と更に東京電力よりも安くなります。なので使えば使うほど東京電力に比べ安くなるのです。

我が家は二人暮らしでこの料金ですが、更に家族が多かったり部屋数が多かったりで普段使う電気量が多ければ、もっと価格差が出てくると思います。

エネオス電気に乗り換えるメリット

また他の電力会社がどうだかは分かりませんが、エネオスでんきでは会員ページにアクセスすると毎月の電気使用量や料金、
さらに時間単位での使用量も確認することができます。

例えば就寝時、23時から翌朝7時までエアコンをつけていたとして、その時間にかかったおよその料金も計算することができるのです。

これは地味に便利ですし節電感覚も身につきます。会員ページから手続きをすると過去の電気料金(東京電力での使用履歴)も反映されグラフで料金比較をすることができるので、どれだけ安くなったか(あるいは高くなったか)も一目で確認することができます。今の所メリットばかりですので、変えない手はないと思います。

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました