メルカリとヤフオク出品するならどちら?違いは?

ブラウス ファッション
スポンサードリンク

ブラウス

私は現在、メルカリを利用してちょっとしたお小遣い稼ぎをしています。最近ではフリルやラクマなどのフリマアプリも盛んになってきていますので、知っている方も多いかと思います。そんな中で、私がメルカリを選んだ理由は、単純にユーザー数が多いからです。やっぱり、お客が多いとその分売れる可能性も高まりますので。

スポンサードリンク

私がヤフオクではなくメルカリを選んだ理由

主に私が売っているのは、自分では使わなくなった服や小物などです。昔はヤフオクなどにも出していましたが、手間などを考えると断然メルカリの方が使いやすいです。

そもそも、ヤフオクとメルカリやフリルなどのフリマアプリはどうちがうのかご存知でしょうか?

単純に一般の人が物を売ることのできる場としては同じなのですが、
一番の違いはこちらで値段を指定できるかどうかというところだと思います。

ヤフオクにも即決価格はあるけれど…

ヤフオクにも即決価格というものが存在しますが、基本的には名前にもあるようにオークションが基本です。

ですので、ヤフオクのユーザは即決しかないものを敬遠する人もいるそうです。

それに引き換えメルカリなどのフリマアプリは、基本的にこちらで値段が決めれます。
そしてフリマアプリは特徴として値段の交渉が当たり前になっているところです。

こちらが決めた値段に対し、客側が「〇円まで値下げお願いします。」のような形での交渉をしてくることが多々あります。悪質なくらいのユーザも多々いますので、一概にいいことばかりではありませんが、買う側としては悪くない制度かと思います。


メルカリを使っての感想をデメリット含めて

実際に使ってみて思ったのは、出品する側の立場からすると出品するのが簡単であると感じました。スマホから写真を撮ってそのまま出品できるので、文章を考えて打つのは手間ですが、そのほかの内容に関しては結構簡単にアップできました。

使い勝手の悪いところは、出品した商品の表示順にあると思います。

ヤフオクとフリマアプリのもう一つの違いとして、商品の並び順があります。

ヤフオクの場合には、基本的な並び順はオークション終了時間の短い順です。ですので、上の方に出てくるのはもうすぐ終わる商品です。

それに対してフリマアプリの場合には出品に時間制限がありません。そして表示される順も新しい商品から順番です。ということは、一度出品したが売れなかった商品は、どんどん後ろに表示されていき、さらに売れる確率が下がるのです。

ネットでの検索に関しても最初の2ページしかほとんどの人は見ないのと同じ感覚です。つまり、上の方に表示されたければ(早く商品を売りたければ)再度商品ページを上げる必要があります。

メルカリを使ってのデメリット含めて

一方で、メルカリは同じ商品を複数個出品することや削除→再出品することを拒みます。最悪の場合はそのアカウントが二度と使えないようにもされます。そのアカウント停止の基準は一応ガイドラインにはあるものの、かなりあいまいでメルカリ事務局の気分次第といったところがあります。

ですので、メルカリの運営を邪魔するつもりなど毛頭なくとも、事務局の勝手な判断でアカウント停止されるということが多々あるそうです。ブランド物などを扱う場合にも同様の処理が行われる可能性があるため、その点にも気を付けたいです。
基本的に、警告なくいきなりアカウントが止められてそれ以降二度と出品も購入もできなくなります。

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました