iphoneが充電できないでカミナリマーク!原因はほこり?それとも…

iphoneがカミナリマークが出て充電できない状態になりました。

できれば自分で対応したいと思い、お店に持っていく前に自分で対処するために試したことをまとめます。

スポンサードリンク

iphoneが充電できずにカミナリマーク状態

今回の症状としては、

  • 就寝前に充電プラグに繋いだのに、翌朝起きて充電できていなかった。
  • 本体上部の電源ボタンを押すと、カミナリマークが表示されている。
  • という状態。

    カミナリマークが出ているということは、まったく充電できていないわけではなく少しはバッテリーがある状態のようです。
    電源につないだまま電源ボタンを押すと雷マークが出るのですが、ドックコネクターから外すと表示すらされなくなっていました。

    iphoneが充電できない原因

    原因として考えられる不良個所と対処方法はこちら。

      原因1:

    usbケーブル(ドックコネクターケーブル)の断線や接触不良

      対処方法


    家に他のケーブルがあればそちらに変えてみます。
    ない場合には、携帯ショップに行って充電を試してみてほしいと伝えると試してみてもらえます。
    iphone コネクタケーブルiphone写真

      原因2:

    usbアダプターの故障

      対処方法


    usbアダプタを交換して充電してみます。
    こちらも携帯ショップに言って試してみるのもありですね。
    iphone usbアダプター

      原因3:

    電源タップの故障

      対処方法


    電源タップを使っている場合には、直接コンセントにつなぐ。
    念を入れて、他のコンセントを試してみましょう。

      原因4:

    本体側ドックコネクタにほこりが詰まっている

      対処方法


    ドックコネクタ(本体側のコネクタ接続部分)はホコリが溜まりやすく、こちらが原因の場合も多いようです。
    対応は、ピンセットなどでガシガシとると接続部分が傷つく恐れがあるため、エアーダスターで汚れを取り除きます。

    これらを試してみて、解決しない場合には、
    ・ドックコネクタの破損
    ・本体バッテリーの劣化
    も考えられます。

    これらは自分では対応が難しいので、修理屋さんに持っていくか正規のアップルストアで診てもらいましょう。

    私の場合には、iphone修理の専門店「あいさぽ」でドックコネクタを交換修理してもらい6458円でした。

    まとめ

    充電できずにカミナリマークが出る原因と対応方法をご紹介しました。
    これまで私は、故障して自分で解決できなかった場合に、正規アップルストアで修理するか、お金をかけて修理するくらいだったら新たに購入することしかやってこなかったのですが、今回修理店に持って行ったところ、対応も丁寧でしかも思っていたよりも安く対応できました。

    こちらも考えてみるのもいいと思います。
    修理店での体験談をこちら書いています。
    >>iphoneが充電できない状態に。横浜で修理したので費用と口コミ☆<<

    スポンサードリンク

    コメントを残す