知らないと怖い!性病が口の中に?!誰の口の中にもあるカンジダとは。

怪我・病気
スポンサードリンク

口の中の病気でカンジダといわれる病気がありますが、原因は口の中にいる
カンジダという菌が原因となります。
ただ、カンジダ菌は、誰の口の中にもある菌で、普段は何の症状も現れません。

スポンサードリンク

カンジダの症状が現れるのはどんなとき?

しかし、体の抵抗力が弱くなったりと、このような要因が重なった場合は、このカンジダ菌が、劇的に繁殖し、カンジダ症という病気になります。

または、長い間抗菌薬を使用しており、それが原因でカンジダ症になる場合もあります。
その他としては、ステロイド薬を使用している・入れ歯の不潔・唾液の分泌が少ない人・エイズなどがあります。
だいたいは、幼児や高齢者によく見られます。

                                    

カンジダの症状は?

症状の現れ方としては、口をふくと白い苔のようなものが付きます。
これを偽膜性といい、粘膜が赤くなる場合もあり、これを委縮性といいます。
本来カンジダ症は、偽膜性がその代表的なものでしたが、現在では委縮性の方が増えているのが現状です。
特徴として、委縮性は、物を食べたり飲んだりすると、舌がヒリヒリする感覚があるのが特徴です。
その他には、入れ歯の部分の歯茎が赤くなったり、口の横が切れる、または苦味があったり、違和感があるなどがあります。



               

カンジダの治療方法は?


治療方法としては、うがい薬や塗薬・内服薬で治りますが、薬の使用方法をしっかり守ってください。
また、普段の生活で口内を清潔な状態にキープしておくことが大切です。
歯磨きは特に心がけておくべきでしょう。
また、唾液が少ない人にもなりやすい病気ですので、唾液が少ない人は、ガムをかむなどして、唾液が十分に口の中に含まれている状況を作るといいでしょう。

口腔ケアの新情報を知ろう

「がんの治療と口腔ケア」は一見全く関係ないように感じますが、そうではありません。
それは癌治療で抗がん剤治療は、口の中が最も影響を及ぼすからです。
特に消化器官の癌の場合はなおさらです。
抗がん剤の副作用で、強い口内炎が発生したり、味覚障害などがあります。
これらを少しでも楽にするには、口腔ケアです。
これだけでもかなり軽減されます。
また、抗がん剤を使用して治療する前には、虫歯がないかなど、口の中の検査をし、何か異常があれば治療をし、治ってから抗がん剤の治療をしていきます。
とかく口の中は不潔になりがちです。
最近では便利な口腔ケア商品が出ています。
マウスウォッシュなどもありますね。
しかし、歯磨きが一番大切です。
この歯磨きをこまめに、物を食べた後すぐ行うようにしていると、口の中の菌の繁殖も少なくて済みます。

また、現代ではビルのトイレに入ると、歯を磨いているOLさんを良く見かけます。それだけ、口腔ケアまたはお口の口臭についてしっかり身についているということでしょう。
普段から口腔ケアに気を付けていきましょう。

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました