年齢や体調などによって、髪の毛にも変化が…頭皮の乾燥とフケ対処法

健康
スポンサードリンク

年齢や体調などによって、髪の毛にも変化が現れます。ヘアトラブルにはさまざまなものがありますが、軽度のものなら少し工夫するだけで元の健康な髪に戻ることができます。一方病院に早めに行ったほうがいい場合もあります。対処法を間違えないようにしましょう。

スポンサードリンク

髪や頭皮が乾燥している

「髪や頭皮が乾燥してるなあ」と感じている時は、オイルパックを試してみましょう。椿オイルやオリーブオイル、ゴマ油などシャンプー前に頭皮に塗ります。頭皮になじむように塗っておくと、頭皮の汚れも一緒に浮かび上がってきます。

そのような状態でシャンプーをすると頭皮の潤いをキープしつつ、汚れを落としていくことができます。乾燥を防ぐためには、洗う回数を減らすか、洗浄力の弱いシャンプーを使うなどの見直しが必要になってきます。また、季節によって静電気が発生しやすくなります。

髪も乾燥すると静電気が起こりやすくなるので、キューティクルを傷つけてしまいます。そのような時にはオイル成分の入った髪用のスプレーを使うといいでしょう。

フケが止まらない原因と対処法


フケは何だと思いますか?実は古くなった角質です。肌は新陳代謝によって常に新しい細胞に生まれ変わっていきます。頭皮の奥で生まれた新しい細胞が次に生まれる細胞に押し上げられるようにして表面に浮かび上がり、最後には剥がれ落ちていきます。

スポンサードリンク

この期間のことをターンオーバーといい、健康なターンオーバーは28日といわれています。フケが止まらない場合は、このターンオーバーがスムーズに行われていないということです。

フケには大きく分けると3つのタイプがあります。

ひとつは頭皮に古い角質がたまって落ちてくるもので、最もノーマルなフケです。サイズ的には2~3ミリ程度。原因は不衛生ですから、こまめに頭を洗えばすぐに改善します。

2つめは「脂漏性皮膚炎」。皮膚病の一種で、フケの状態は湿っていて5ミリくらいで大きいのが特徴です。原因は体質やストレス、などで皮脂分泌が過剰になることによっておこります。
頭皮には皮脂をエサにする「常在菌」が存在しています。皮脂が多くなると、常在菌が一気に繁殖してしまい肌荒れを起こします。かたまりのフケが出るだけでなく、頭皮が赤くなったり、かゆみが出たり、ひどくなると髪が抜けたりします。この場合には皮膚科を受診しましょう。

3つめはシャンプーなどのヘアケア製品が体質に合わずに、頭皮の肌荒れが原因でできるフケです。このフケの特徴は、1ミリほどの細かい粉状です。そのような時は、シャンプーの洗浄力が強すぎて頭皮が乾燥しているのかもしれません。洗浄力の弱いシャンプーに変えてみましょう。

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました