薄毛に悩む人必見。育毛剤だけに頼るヘアケアでは改善は望めないって本当?

健康
スポンサードリンク

薄毛に悩むのは男性だけではありません。ストレス時代に生きる女性も薄毛に悩んでいます。そんな皆さんは薄毛が気になった時、どのようなケアをしていますか?
まず薄毛が気になった時にやることは育毛剤を使ったり、シャンプーやリンスを替えてみるという方法でしょう。やはり直接的に効果が目に見えるという点で強い味方です。しかし、それでも効果が現れないという人も大勢います。それには髪の毛が生えるときのメカニズムや男性ホルモン、女性ホルモンの働きなどを理解する必要があります。

スポンサードリンク

女性の薄毛対策は、女性ホルモンのバランスを整えることから


男性の薄毛と女性の薄毛ではメカニズムが違ってきます。女性の薄毛はホルモンバランスが崩れたことによる要因が多く、女性ホルモンであるエストロゲンが豊富な時には薄毛には縁がありません。しかし、更年期や閉経で女性ホルモンが少なくなると途端に薄毛になります。そのため女性の場合は女性ホルモンの減少をとにかく意識することが重要です。
その対策のひとつとして、年々減り続ける女性ホルモンを少しでも増やすように大豆製品を摂取することが大切です。実は大豆には女性ホルモンと同様に作用をするイソフラボンが含まれており、この大豆を原材料とする豆乳やお豆腐、納豆を食べることで女性ホルモンを補うことができます。

男性の薄毛の原因は複雑


一方男性の薄毛の原因は、とても複雑です。20代後半からすでに「若ハゲに一直線」という人もいれば、年をとってもフサフサという人もいます。原因のひとつとして考えられているのが男性ホルモンで、そのなかでもテストステロンが深く関係しているといわれています。
男性ホルモンは髭や胸毛、腕やすね毛を濃くしますが、頭皮には逆作用してしまいます。よく髭が濃い人にはハゲが多いというのもこうした科学的裏付けがあります。
この男性ホルモンは、活性化する要因があります。脂っこい食生活をはじめ、タバコも男性ホルモンを増やしてしまいます。さらにストレスによってアドレナリンが高まることで攻撃的ホルモンである男性ホルモンが高まり頭皮に影響を及ぼします。
ならば「男性ホルモンの働きを抑えてしまえばハゲにならないか」というと、それによって精子の減少や勃起不全など男性としての機能も衰える可能性が高くなってしまいます。
残念ながら男性の薄毛の場合、具体的なメカニズムはまだ全てが解明されているというわけではありません。

薄毛に悩む人が普段から気をつけたいこと

髪の毛は皮膚の一部です。体に何かの不調があると、内臓などよりも生命的にダメージの少ない皮膚に最初に影響が出ます。「薄くなった」「細くなった」「抜け毛が増えた」など頭髪に関するトラブルが出た時には、外から栄養分や薬用成分を補うよりもまずは「体からの危険信号」だと考えましょう。
ストレスをためていませんか?
バランスのいい食生活ですか?
運動不足になっていませんか?
タバコを吸っていませんか?
睡眠は十分ですか?
このように食生活や生活習慣などを見直して体の中からおらぶる原因を排除したうえで、育毛剤や育毛シャンプーなどのヘアケアをしっかり行うことをお勧めします。

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました