産後トラブルの原因は骨盤の歪みにあった!?自分でできる骨盤矯正

出産
スポンサードリンク

「赤ちゃんを産むときに開いた骨盤は、産後そのままにしておくと閉じなくなってしまう」なんて噂、聞いたことありませんか?

実際、何もせずして出産前のスタイルに戻ることはありません。一生懸命ダイエットして体重を落としても、どこか理想の体型と違っていたり、今まであまり気にしなかった腰回りに脂肪がつきやすくなったり…と、何らかの悩みが出てくることがほとんど。

このような産後トラブルの一番の原因は、出産時に一度開いた骨盤が産後閉じる際に生じる骨盤の歪みです。骨盤が閉じていくタイミングで骨盤矯正を行い、歪みにくくしてあげることが、スタイルを取り戻す一番の近道となります。

スポンサードリンク

産後直後は、骨盤サポートに徹しましょう!


まずは、骨盤の戻りをサポートすることから始めましょう。出産時に、体は大きなダメージを受けています。ウエストや腹部は押さえつけずに、骨盤の後ろ下方から支えて引きしめてあげることがポイントです。市販の骨盤ベルトを使うのがおすすめ。

産後1ヶ月頃からは、ボディ集中シェイプ!

体調が落ち着いてきたら産後1ヶ月頃からは、ガードルなどシェイプアップ用の下着を使ってウエスト、ヒップを引き締めていきましょう。骨盤底筋のトレーニングを取り入れて、内側から引き締めていくことも重要です。

※「骨盤底筋」とは、骨盤の底で子宮や膀胱、大腸などの臓器を支えるインナーマッスルのこと。骨盤底筋群が弱まると、女性ホルモンのバランスも崩れやすくなることが分かっており、産前産後問わず、女性にとって非常に重要な筋肉。

骨盤底筋のトレーニング方法は様々ですが、自宅で簡単にできるものもたくさんあります。気づいたときに、膣をぎゅっと締めるように意識するだけでも、だいぶ違ってきます。


育児生活にも慣れてきた産後3ヶ月頃からは、美のキープに励んで。


3ヶ月以降は、引き締めたボディラインをキープするための努力が大切になります。軽い運動をなるべく毎日続けるようにしましょう。育児に追われて運動の時間が取れない!という人には、エクササイズ歩行をサポートする機能インナーの使用がおすすめ。歩くだけでも、効果的にカロリー消費ができます。

最後に

ちょっとした行動でも、長く続けると骨盤に歪みが生じます。足を組んだり、猫背になるなど、日常の小さな癖を直していきましょう。また、運動不足も歪みにつながりがちです。育児に追われがちな毎日ですが、自分の体のケアもしっかり忘れずに!!

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました