飛行機での耳抜き方法!できない原因と幼児でもできるやり方とは?

スポンサードリンク

子供と初めて乗る飛行機。耳抜きをうまくできるのか不安に思っているお母さん方も多いようです。
エレベーターで耳がおかしくなるのを嫌がっている子供をみると心配にないます。

大人でも苦手な人もいる耳抜きを気軽にやる方法をまとめます。

スポンサードリンク

飛行機での耳抜き方法いろいろ

飛行機で耳が詰まる前にできる「防止策」「耳がつまった後の対策」のふたつにわけてご紹介します。

防止策

体調を万全に整えることも大事なようです。鼻が詰まっていると耳抜きしずらいです。

唾をのみこむ、あごを動かす。ガムを噛む、あくびをする(口をあける)、耳栓をする。あごを動かすというのは、しゃべるのもいいので、お子さんに話しかけるのもいいですね。

耳栓は、空港の売店にも売っています。有名なところだと、空港で販売されているイヤープレーン、サイレンシアフライトといった耳栓です。1000円から2000円しますが、高い耳栓には、外気と耳の中の気圧を少しずつ調整する機能を備えているため、耳への負担が減り耳の状態を保ってくれます。

耳がつまった後の対策

耳が詰まったときの耳抜き方法には、防止策と同じく唾をのみこむ、あごを動かす、ガムを噛むという方法に加えて、耳抜き方法として有名な「バルサルバの方法」というものがあります。これは、鼻をつまんで息をちょっとずつ吐く方法。
ただし、あまりやりすぎると耳に負担がかかって中耳炎になってしまう恐れも。耳が痛くなってしまってそれが続くようでしたら、病院に行くのが安心だと思います。

スポンサードリンク

飛行機で耳抜きできない子供の原因は?

子供が耳抜きできない原因としては、まず、どうしようもないところでは、幼児は、耳の管やあごが小さいため、耳抜きしにくいとのこと。

あとは、体調の問題も。鼻水が出て詰まった状態だと、それだけで耳抜きが必要な状態になってしまします。まして飛行機に乗るとなると、耳抜きしにくくなります。

飛行機で耳抜きを幼児でも気軽にできる方法!

まず、体調を整える用意してあげましょう。心配な場合には、風邪や鼻づまりがある場合には耳鼻科へ行き相談したうえで、体調を万全に整えるという方法もいいでしょう。

あとは、耳抜き方法として紹介したものは比較的やりやすい対策だと思うのですが、その中でもお簡単にできるのは、飴やお菓子を用意して飲み込んだりあごを動かしたりする状態にしておくことだと思います。乳児の場合には、哺乳瓶や嫌がらない子だったらおしゃぶりを用意しておくといいでしょう。

特に、気圧が変わる離着陸前にやっておくといいそうです。

まとめ

いかがでしたか。まとめると、飛行機に乗るまでに、体調を万全に整えて、搭乗するときには、お子さんの好きな飴やガムを持っていき、おしゃべりして口を動かすようにしゃべりかけてあげるとよさそうです。

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました