新年の挨拶でメールはNG!? 正しい挨拶の方法とは?

スポンサードリンク

 

最近は携帯・スマホの普及で年賀状を出す人が減ってきているようです。

なんでもデジタル化してきています。

会社でいうとパソコンの普及でメールでサクッと用事を済ませたりできるので

今ではメールで新年の挨拶を済ませる人が増えてきているようです。

今ではメールでの新年の挨拶も受け入れられてきているようです。

スポンサードリンク

好感度アップできる!?最新の新年の挨拶メールとは!?

仕事でのお付き合い上、

相手にはできるだけ好印象を持ってもらいたいものです。

相手によって言葉や文章を変えてみましょう。

★上司に送る場合

 ・基本的に年賀状と同じと考える。

・1年間お世話になりましたというお礼と、

新年のよろしくお願いしますという内容にする。

・仕事への意気込みなどを入れる。

(例文)

新年あけましておめでとうございます。

今年は昨年の失敗を糧に、業績アップに励みたいと思っています。

引き続きのご指導、どうぞよろしくお願いいたします。

◎ポイント◎

 長文にするよりもシンプルで親しみのある文にすること

★友人に送る場合

 ・上司の時より少しくだけた感じにする。

・端的に自分の近況をいれてもよい。

・親しい友人ならデコメなどを活用するのもあり。

(例文)

あけましておめでとう!お互い忙しいけど、

今年は絶対に会えるようにしようね!今年もよろしく!

◎ポイント◎

仕事をしていると、友人と会う機会も減ってきているはずなので、

「会いたい」という気持ちを伝えると喜ばれます。

★社外(取り引き先や付き合いの深い相手など)に送る場合

・件名に 「年頭のご挨拶(株式会社○○  ○○)」と社名と名前を入れる。

スポンサードリンク

 ・挨拶の後に営業日、仕事上での用事を入れる。

(例文)

明けましておめでとうございます

株式会社○○、○○部の○○です

昨年は、大変お世話になり本当にありがとうございました

今年も引き続き、業務改善推進プロジェクトでお世話になります

プロジェクトの総仕上げの年になりますので、

気持ちを引き締めて努力いたします

一層のご指導ご鞭撻をいただければ幸いです

弊社は本日午前9時より平常通り営業いたしております

またお目にかかれることを楽しみにいたしております

本年もよろしくお願いいたします

◎ポイント◎

ビジネス関係の新年の挨拶メールは、

正月3が日を過ぎてからの仕事始めの日などに送るのがいいでしょう。

やってしまうと失礼となる新年の挨拶メールとは?

□カジュアルな言葉遣いはだめ

わすれないようにしましょう。きちんとした言葉遣い、丁寧な文面をつかって、

基本的な挨拶の文章にすると失敗がないでしょう。

□一斉送信しない

メールには一斉送信という機能がついていますが、これだけは避けて、

一人一人、その人に合った文章を入れて送りましょう。

新年の挨拶で一斉送信を使うと「手抜きしたんだ」と思われてしまいます。

□年賀状にメールで返信はだめ

年賀状をもらったのにその返事をメールでしてしまうのは失礼です。

年賀状が届いた相手には年賀状で返事をしましょう。

年配の方の場合、メールで簡単に新年の挨拶を済ませてしまうことを

失礼と感じてしまう方もいるので、その場合は年賀状を出しましょう。

 

まとめ

メールは顔を合わせて話をするわけではないので、文章が大事になります。

きちんとやってはいけないことをしなければ

好印象なメールを送ることができるはずです。

送るタイミングも考えて送らないと失礼になるので注意しましょう。

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました