二日酔いで筋肉痛?原因は「あれ」と同じ!治し方と予防法を知ろう

二日酔い画像 二日酔い対策(体験談)

忘年会や壮行会でお酒をたくさん飲んだ翌日に二日酔いに!そんなときに、筋肉痛も出ませんか?朝起きてみると、足や腕や背中がなんだか痛い。そんな症状です。

その原因は○○をやったときと同じなんです。そんな筋肉痛での症状をできるだけ早く回復させるための治し方をご紹介します。

>>次回こそは飲んで予防!【ゲンキウコン】<<

二日酔いの筋肉痛原因は?

お酒をたくさん飲みすぎて筋肉痛になる原因は、

「運動」をしたときと同じなんです。
激しいトレーニングをしたときや普段運動をしていなくて急に体を動かしたときに特に筋肉痛になりますよね。あれと同じです。

アルコールをたくさん摂取すると、その分解のために体内の「タンパク質」を消費します。
そうなると、筋肉を維持するのに必要な量が不足して疲労が蓄積してしまった状態となってしまうことがが原因です。

お酒を飲むと、次の日腰痛がひどくなるという人もいます。これはまた別の原因のこともあります。腰椎のあたりには神経の束が通っているので、その神経にアルコールが作用して一種のマヒ状態になっていることも考えられるとのこと。

こうした話を聞くと、やはり飲みすぎはよくないですね。

他の原因として、「体内の電解質バランスの崩れ」も考えられます。
アルコールを分解するために水を使用

脱水症状となる

体内の電解質バランスが崩れる

その結果、筋肉痛を引き起こす要因となる

こういった理由です。
他にも体内でお酒を分解するために「ビタミン不足(特にビタミンB)」にもなりやすいのでこれも一つの要因に。


スポンサードリンク

二日酔い筋肉痛の治し方はこう!

先ほどご紹介した原因をまとめます。

・タンパク質の消費
・体内の水分不足
・ビタミン不足

原因がわかればあとは治し方と事前の予防策です。

「タンパク質の大量消費」対策として、飲みながらか翌日タンパク質を摂取しましょう!
具体的には、卵、チーズ、お肉(鶏肉)や大豆料理(枝豆や冷奴)、アサリ汁、シジミ汁などです。

これらを効率よくとったりお酒を飲む回数が増える時期にはサプリをうまく活用していくといいかも。

効果のあるサプリを選びたいときには、肝臓の働きをサポートしてくれるオルニチンやタウリン含有量に注目して選ぶのがいいと思います。

ウコンの質と有効成分量で選ぶのならこちら。

>>「ゲンキウコン」<<

口コミを読んでみると、二日酔い予防だけじゃなく「見るからに疲れてどんよりしている職場の同僚を見かけると「これ飲んで!」と渡している」という方もいて、
まさに「ゲンキ」な状態キープのためにお酒を飲まない時にも愛飲して効果を実感しているオジサンもいるようです。

「体内の水分不足」対策としては、お酒を飲みながら水も飲む!これができればいいですね。

「ビタミン不足」対策として、こちらも飲みながらもしくは翌日料理で積極的に摂取して早めに治るようにしましょう。
具体的には、先ほどと被りますが、枝豆、チーズ、カツオ(ビタミンBが豊富)、ニンニク(ビタミンB1)、お茶(ビタミンC豊富)

まとめ

自戒を含めて、飲み過ぎた翌日に後悔するのになぜまた飲むのでしょうか(笑)
ついつい飲んでしまうこの時期、せめて二日酔いや筋肉痛の原因を知って少しでも改善するようにして忘年会シーズンを乗り切りましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました