インフルエンザの予防接種妊娠中は夫も!アルコール消毒と予防首から

インフルエンザ
スポンサードリンク

妊娠中には夫にもできるだけ健康でいてもらいたいもの。
うつされても困るというのがもちろんあるからです^^;

夫がインフルエンザにかかるのを予防するための対策方法をご紹介します。

スポンサードリンク

妊娠中には夫にもインフルエンザ予防接種を!

インフルエンザの予防接種は受けてもらった方が安心できます。妊婦が受けるのもそうなのですが、夫も接種することで安心できます。できるだけ妊婦がインフルエンザウイルスと接触する機会を減らすためにも大事。

今は、A型、B型、C型を1回の接種で済ませることができるのでサクッと旦那さんにも勧めて受けさせましょう。会社によっては、費用を補助してくれるところもあるので調べてみるといいと思います。

妊婦向けには防腐剤なしがあります。
過去の記事はこちら。

>>妊婦は初期でも副作用はない?防腐剤なし?<<

インフルエンザ予防にはアルコール消毒も有効

予防接種を受けていてもかかる場合もあるので他の予防策も大事です。職場や家に帰ってきたときは、アルコール消毒もいいです。
厚生労働省のサイトにも、「インフルエンザウイルスはアルコールによる消毒でも効果が高い」との記載があります。
(厚生労働所HP:インフルエンザQ&A

我が家で使っているのは、過去の記事でも紹介しましたこちら
ドーバーパスリーゼ77

「パストリーゼ77」。厚生労働省認可の消毒液で食品や、直接口に入れる歯ブラシにも使えるという安全性で効果もばっちりです。


インフルエンザグッズでも予防!首から下げるだけ

他にも、最近人気の首から下げるだけの予防グッズも会社で手軽にできる予防策として便利です。
ウイルス除去や除菌だけではなく消臭までしてくれるから一石三鳥です。
首かけマスク
有効性については賛否両論あるのですが、あくまでも予防グッズのひとつとして持っておいてもいいと思います。

何と言っても「首から下げるだけ」という簡単できる対策なわけですからね。

まとめ

赤ちゃんのためにも夫にも気を使ってもらいたいのがこの時期のインフルエンザ対策です。
予防接種とアルコール消毒、そして職場でも、通常マスクに加えて首から下げるマスク。可能な限り対策をやった後は、これでかかったらしょうがない!?

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました