イチゴ狩りでの子供の持ち物と服装は?注意することまとめ

イチゴ狩り 観光スポット
スポンサードリンク

寒くなってきましたね。
もともと出不精の我が家では外出がますますなくなって、
家に引きこもりがちに^^;

同じく出不精のみなさ~ん外出の計画を立てましょう!

今回は、家族でイチゴ狩りに行くときの
子供の持ち物と服装についてまとめます。

スポンサードリンク

イチゴ狩りでの子供の持ち物

イチゴ狩りで持って行った方がいいものは、
こちら。

・ウェットティッシュとタオル
 イチゴを取って食べるのに夢中になって
 手が苺だらけになります。
 ハウス内には手洗い場がないところもあるので、
 汚れた手を拭く用のウェットティッシュとタオルを
 準備しておきましょう。

・オムツ
 ハウスの中は結構暖かいです。
 しかも、イチゴは水分をたっぷり含んでいるので
 トイレが近くなります。
 まだオムツが取れていない場合には、
 いつもより多めにオムツを持っていきましょう。

・飲み物
 ハウス内に持ち込みオッケーか要確認です。

・水筒に入れた水
 いちごは、冷やして食べるとより一層
 おいしく食べられます。
 もちろん、そのままでもおいしいです!

・コンデンスミルク
 最初はそのままのイチゴの味を楽しんで、
 飽きてきたタイミングで使いましょう。
 農園によっては、別売りのところもあるので、
 あらかじめ問い合わせておくのが◎

苺狩りでの子供の服装

子供の服装で気をつけたいポイントを3つにまとめます。

重ね着で体温調節しやすい服装にしよう

ビニールハウス内は暖かいです。
とは言っても外は寒いので、
暑くなったらすぐに脱げる服装にしましょう。
ハウス内は、しばらくいると半そででもいいくらいに
なります。

汚れてもいい服装かエプロンを持参しましょう

苺のシミ取れにくいです^^;
食べるのに夢中になるとついつい汚れてしまいます。
気にしすぎるのも楽しめないので、汚れてもいい服装で
行きましょう。
あとは、スタイかエプロンを持っていきましょう。
100均に簡易エプロンがあるのでそれも便利です。
あと、靴も汚れてもいいものにしておきましょう。

大き目バッグは要注意

ハウス内は狭いので、手ぶらか小さ目リュックに
しましょう。

バッグが大きいと動きにくいし周りの人に
当たりやすいので要注意。

あとは、大人がカメラを持参する場合には、
手が自由になっていた方がいいので、
首からかけるストラップがあると便利です。


イチゴ狩りで注意すること

コンデンスミルクや飲み物は、持ち込みオッケーか
農園に事前に確認しておきましょう。

子供がはしゃいで他のお客さんにぶつかったり
しないようにちゃ~んと目を離さないようにしましょう。

あと、授粉用に蜂が飛んでいたりします。
刺激しなければ安全なのですが、子どもがむやみに
蜂を刺激しないように注意しましょう。

ルールを守ること大事!

イチゴをお腹いっぱい楽しもう

制限時間無制限のところもあるのですが、
たいがいは、30分程度。

「30分は短い!」と最初は思うのですが、
結構お腹いっぱいに。

お子さんと一緒にお腹をイチゴで満たしちゃいましょう。

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました