東京一人暮らしでかかる費用~必要なものリストと最低限リスト

部屋の写真 引越し
スポンサードリンク

私がひとり暮らしを始めたのは大学生の頃なのでもう10年以上前です。最初はお金の管理ができなくって無駄に家具家電を買って家のスペースを占拠したりといろいろありました。今回はそんな経験を踏まえて東京でひとり暮らしをする場合の費用や必要なものリストとして家具家電で何が要るのかまとめます。

スポンサードリンク

東京一人暮らしでかかる費用

一人暮らしを始めるときの費用は、ふたつに分けて考えると必要な額がわかりやすいです。【初期費用】と【毎月の出費】です。初期費用は引越しをするときに必要なのでそれまでの貯金などすでにあるお金から出します。毎月の出費は月の給料から出すことができます。
それぞれ必要なものをリストアップしてみましょう。

一人暮らしで初期費用がかかるもの

・引っ越し代
私が単身で引っ越した時には、ありさんマークの引越社やアート引越センターといった大手に頼みました。だいたい3万円から5万円程度の引っ越し費用がかかりました。

・初月家賃、敷金、礼金、仲介手数料
賃貸住宅を借りるときに必要なお金です。初月の家賃の他にも、敷金、礼金合わせて家賃の3か月分は見ておきましょう。家賃8万円の物件だったら24万円です。物件によっては、敷金礼金が必要ないところもありますし、2か月分必要な物件もあります。
あと、物件選びのときに不動産屋に仲介手数料を支払う必要があります。相場は家賃の半月から1か月分。初月家賃、敷金礼金と仲介手数料が全部家賃1か月分と想定して全部足すと、家賃8万円の物件を賃貸するときにはだいたい32万円は見ておきたいところ。これまで何回か引っ越してきた経験だと敷金礼金については、1か月分の物件が多かったです。

・家具家電
家具でひつようなものとしては、
カーテン
照明
ベッド
布団(掛布団、敷布団、毛布)
食器棚や本棚
雑貨

といったところでしょうか。費用は、ざっと安く見積もって5万円!
どれだけこだわりたいかによって値段の幅が出てくるところです。

家電で必要なものとしては、
冷蔵庫
洗濯機
テレビ
暖房器具(冬)
掃除機
炊飯器
電子レンジ

費用はざっと安く見積もって、12万円程度!
そこまで商品にこだわらなくていい場合には、新生活応援フェアを各電気屋さんでやっているので、そこで家電○点セットで買うとお得です。

一人暮らし毎月かかってくる費用

・家賃
東京都一口に言っても場所によって大分変わってきます。なので、「東京の家賃平均」を調べても実際に自分が住む場所の家賃相場とは何万円も違っていたりします。このあたりは、東京に土地勘がないとわかりにくいところなので、可能であれば実際に不動産屋に聞くのがいいです。

ちなみに、ホームズで一人暮らしに人気の市町村を見ると、新宿区が1位になっていて、1K・1DKの家賃相場が8.89万円となっています。人気のある1LDKや2DK以上だと10万円してきます。新宿以外のもっと安い地区ももちろんあります。

スポンサードリンク

・食費
自炊する!という場合には、2.5万円から3万円ほどにすることができます。
自炊する宣言を自らに課したい場合にはスーパーが近くにある物件がおすすめです。深夜まで開いているスーパーだと仕事や学校で夜遅くなっても翌日以降分の食材買い物ができるので便利です。反対に、コンビニが近くにあるとついつい寄ってしまい無駄遣いしてしまう傾向が^^;
私の場合には自炊していた期間はだいたい2.5万円くらい。ほぼ毎日外食していたころは、
5万円ほどでした(飲み代除く)。食費は、外食回数や行くお店によって大分人によって幅が出てくるところ。自分がどれぐらいつかうのかザッとでも計算しておくといいと思います。

・水道、ガス、電気代
全部合わせて月1万円程度。冬で暖房使いまくりな時期は、2万円近く行くこともありました。ガスは注意が必要で、プロパンガスだと都市ガスの1.5倍ほどします。都市部だとプロパンガスの物件は少ないのですが物件選びのときに念のため注意しておきましょう。

・携帯代
これはご自身の毎月の請求額をチェックしてみましょう。スマホを大手キャリア(ドコモ、au、ソフトバンク)で利用していたら8,000円くらいしますよね。。私は最近格安SIMに乗り換えて月2,000円になりました。引越しを機に変更するのもいいかもしれません。

・インターネット代
マンションやアパートによってはマンションで一括契約していて家賃に含まれる、もしくは格安で利用できる場合もあります。私がこれまで住んできたいくつかの一人暮らし用物件だとだいたい3,000円から4,000円程度でした。これにプロバイダー代として1,000円くらいプラスで必要になるので、4,000円から5,000円といったところ。

・日用品
トイレットペーパー、ティッシュ、ボディーソープ類で、私の場合は毎月5,000円くらいでした。

・交際費や趣味の費用
こちらの項目は、その人によって幅が出ます。飲むのが好きで毎週遣うようでしたら1回5,000円としてそれだけで20,000円以上は交際費に使うでしょう。私のように漫画を読むのが趣味と言う程度だったら、月3,000円あれば十分と言う人もいると思います。

車関係費用
あと、車を持っていればガソリン代や駐車場代がかかってきます。駐車場代の相場は、こちらも一口に「東京都内の相場」といっても場所によってさまざま。都心ど真ん中の渋谷や六本木だと6万円以上したりします。ど真ん中から外れると、1万円というところも出てきます。
私は仕事で使わないので、週末だけ乗るとかだったら保有するのはどうかなと考えてしまい車は持っていません。

入ってきたものをダラダラと使ってしまって貯金がないというパターンに陥らないためにしっかり計画しましょう。一人暮らしにかかる費用を調べている方には不要かも!

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました