飛行機の座席おすすめと特徴!非常口前にもメリットがある!?

スポンサードリンク

飛行機で国内外を移動する人の数は、LCCの普及と共にますます増加していますが、ひと言で「飛行機での移動」と言っても、その予算、目的、行先、人数、時間帯、飛行時間等によって「どんな座席」で「どの位置」が適しているかには違いがあります。エコノミークラス利用での個人旅行を前提とした場合の座席について、その選択ポイントを考えてみましょう。

スポンサードリンク

飛行機の座席ごとのおすすめTPO

先ず最初に、飛行機の座席は、フライトの予約と共にNETで事前予約が出来ますので、好みの位置が決まったら早めに抑える事が必要です。但し、LCCでは有料になる場合が殆どですので、予め座席指定料金を確認しておく必要があります。また、この「好みの位置」ですが、これは前述のTPOによって変わるはずです。後ほど座席の位置別のメリットやデメリットをまとめますが、TPOに応じて次のような座席がおすすめです。

長距離の夜間飛行で出来るだけ眠って過ごしたい場合

静かで、就寝中に隣の人に起こされない前方の窓側席が良いでしょう。

家族4人で話しながら過ごしたい

後方の中央席で横4席がベストですが、他には窓側から通路を挟んで中央席へと一列に並ぶのも良いでしょう。
飛行機の前方、中央、後方でしたら、「後方」がおすすめです。乗り降りが遅いというデメリットはあるのですが、たいていは飛行機の前のほうよりも空いていることが多いです。満席の場合にはそうでもないのですが^^;

トイレが近いのでそれに便利な席につきたい

前方か後方でトイレに近い通路側席が最適です。

身体が大きいので少しでも足元が広いところに座りたい

事前予約は出来ませんが、カウンターで非常口席を希望して下さい。そこが駄目でしたら、最前席の中央席が良いでしょう。そこには前席が無く、壁になっていますので足元は広めです。但し、その壁には乳幼児用の簡易ベッドが取り付けられますので、該当者がいる場合はそちらが優先になります。

飛行機の座席ごとの特徴は?

各座席の特徴はこんな感じです。
・前方席:
自動車の排気音と同じで、エンジン後部では大きな音がします。従ってエンジンの位置よりも前にある席は後の席よりは静かです。また搭乗時は、優先搭乗者以外は後方席からの順番搭乗になる事が多いので、その後からの乗り込みになりますが、逆に降りる時は先になります。

・中間席:
前方・後方の中間の位置は、例え窓側であっても翼が邪魔して地上や海上が見えない席が多いですが、混雑時に前方・後方両方のトイレを選べる点では便利かもしれません。

・後方席:
前方席の逆で、搭乗時には先に乗り込める場合が多いのですが、降りる時には後からになります。またエンジン音が大きく聞こえます。

・窓側席:
翼の上で無い限り、(天候によりますが)外の景色を楽しめます。ただ、トイレその他で離席する時は、隣の席の人に気を使います。
・通路側席:
トイレその他で離席する時に隣の人に気を使わなくて済みますが、隣の人が離籍する時には眠っていても起こされたりします。

・中央席:
横の列が3席以上で、その中央部の席の場合は左右の席の人に気を使いますが、それだけに左右が空席時は肘掛を上げて横になる事も出来ます。


飛行機の座席で非常口前に座るメリット

非常口席は予備用のためネットでの事前予約はできません。

飛行機の座席で非常口前になるメリットとしては、前の席が無く、足元が広めでゆったり出来ます。
デメリットとしては、足元に荷物を置くことは禁止でリクライニングが倒せなかったり、他の座席よりも少ししか倒せない便もあります。
こちらに座るためには条件があります。非常時はCAの手伝いが要請されますので、小さい子や老人以外の健常者のみとなります。

さいごに

シチュエーションごとの飛行機座席のおすすめと各座席の特徴をご紹介しました。
状況ごとにちょうどいい席を確保して快適な空のたびを!

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました