trick or treatってどんな意味なの?子供にも分かりやすく説明しよう解説

スポンサードリンク

「trick or treat」(トリック オア トリート)といえば、ハロウィンです。

ハロウィンになるとこの言葉を言いながら子どもたちは大人に

お菓子をねだります。

でも実際にどんな意味なのか詳しく知らない人の方が多いのではないでしょうか。

私もその1人です。

意味を理解して子どもたちにわかりやすく説明できるといいですよね。

スポンサードリンク

そうだったのか!trick or treatが使われる理由

trick or treatの意味を理解しましょう!!

trick(トリック)は「いたずらをする、目的をもってだます、惑わす」、

or(オア)は「さもないと、もしくは」、

treat(トリート)は「もてなす、ごちそうする」、

という意味です。

直訳すると「いたずらするか、もてなすか」という意味になります。

よく知られた意訳は「おかしをくれなきゃ いたずらするぞ」になります。

どうしてtrick or treatが使われるようになったのか??

このtrick or treatという言葉はもともと悪霊たちのセリフだったようです。

ハロウィンはもともと日本でいうお盆と似ていて、

ハロウィンの時期になるとあの世とこの世をつなぐ門が開き、

霊が行き来できるようになると信じられていたようです。

亡くなった親族などを迎え入れるので、

同時に悪霊も一緒についてきてしまうのです。

もちろん悪霊は来てほしくないので、悪霊を追い払う儀式をするのです。

悪霊に変装、仮装した子どもたちに各家庭を訪れてもらい、玄関先で、

trick or treat

と言ってもらいます。この時、子どもが言っているのではなくて、

スポンサードリンク

悪霊が言っているので

「我々をもてなせ!さもないと、

次の1年間、お前らを惑わせ困惑した状態にしてやろう!」

といった悪霊的な、呪うというような意味合いになります。

そして、「treat!」と言って悪霊を追い払うそうです。

これがもとで、子どもが家を訪ねて、

「trick or treat!」という風習が続いているようです。

これでバッチリ!‟trick or treat“が使えるのはこんな場面

trick or treatはハロウィンの時期に使える言葉です。

仮装した子どもが家を訪れて、「trick or treat」と言います。

言われたら人は、いたずらされては困るからお菓子を与えるという名目で、

子どもにお菓子を与えながら

ハッピーハロウィーン」か、

treat(トリート)」と答えるようです。

もし、「trick(トリック)(いたずら)」と答えたら、

どんないたずらが待っているかわからないので覚悟しなくてはいけません。

まとめ

Trick or treatという言葉は子どもにとってはすごくいい言葉になります。

「おかしをくれなきゃ、いたずらするぞ」ですよ。

これはおかしがもらえるし、もし、もらえなかったとしても、

いたずらできるから、子どもにとって最高な言葉です。

だからハロウィンは子どもにとってすごく楽しみの一つの行事になります。

でもこの言葉が通用するのはハロウィンの時だけです。

違う時期に言っても通用しません。

今は、子どもだけでなくて大人も仮装したりして楽しんでいるので、

きちんとルールを守って楽しまないと、

トラブルの原因になるので気をつけましょう。

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました