部屋干しのにおいは、洗濯物につている細菌!臭くならない方法は!?

スポンサードリンク

洗濯しても、皮脂や汚れ、細菌が残っていれば、

部屋干しをしている間にどんどん繁殖して臭くしてしまうのです。

臭いの元は、汚れを細菌!洗濯するときにきれいに落とせていれば、

部屋干ししても臭くならないはずです。

スポンサードリンク

部屋干しすると臭くなる原因は

部屋干しすると臭くなることがありますよね。

それは、洗濯物に残っている皮脂などの汚れと細菌が原因なのです。

臭いが発生する原因は、洗濯物に残っている皮脂、垢、汚れを

細菌が分解するからなのです。

洗濯物に残った汚れは、細菌のエサになるので、

エサを食べてどんどん繁殖して臭くなっていきます。

洗濯物に細菌が好む汚れがついてなければ、臭いは出ないです。

汚れと細菌の組み合わせが臭いの元なのです。

人の臭い、体臭は、皮脂や汗がといった体からの分泌されたものが、

雑菌によって分解されると臭くなるのです。

 

部屋干しでも臭くならない方法とは


洗濯するときに注意することは、汚れと細菌を落としてあげることです。

ポイントは、お湯で洗う、酸素系漂白剤といった

皮脂の汚れに効果のある洗剤を使うということになります。

40度以上のお湯で洗うと、水では落としきれなかた、

細菌や絡んでいるような皮脂や汚れまで落としてくれます。

スポンサードリンク

台所の布巾、臭いがとれないタオルなどは、一度大きい鍋で煮沸をすることで、

汚れから皮脂、細菌、カビを落とすことができます。

洋服を煮沸してもいいいですが、型崩れや色落ち、

素材の変化などが考えられるので、あまりおすすめではありません。

洗いたては臭わなくても、着ていると臭くなることがあると思います。

この場合も、汚れや雑菌がついたままなので、汗をかいたりすることで

細菌が汗や汚れを分解して臭いを発してしまうからなのです。

臭くなった洗濯物は、アイロンをかけることで解消できます。

アイロンの熱で殺菌されるからです。

T−シャツや下着、パジャマなど普段はアイロンをかけないと思いますが、

臭くなった洋服でもアイロンをかけることで臭わなくなります。

漂白剤を使うときは、塩素系ではなく、酸素系のものを使うようにしましょう。

塩素系は、漂白の力が強いでの洋服の色を落としてしまうので、

酸素系なら、色、柄ものでも使えます。

酸素系漂白剤は、アルカリ剤の「過炭酸ナトリウム」という成分なのです。

アルカリ洗は、水い溶けたときに出る活性酸素が汚れを分解してくれるので、

皮脂や汚れをしっかり落としてくれます。

臭くなったタオルや洋服など、40度から60度くらいのお湯に

酸素系漂白剤を入れて1時間程度漬け置きすると、臭いがなくなります。

お湯を使うことで、殺菌作用が高まるからです。

 

最後に

洗濯物を干すときは、洗濯物同士がつかない距離で、

扇風機を回して風を巡回させると臭くなりにくいです。

乾くまでの時間がかかると、それだけ雑菌が繁殖してしまうので、

なるべく早く乾かすようにしましょう。

雨が続いたり、乾燥機が家にない場合など、

コインランドリーの乾燥機を使うのもいいと思います。

 

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました