トイレ掃除洗剤おすすめ!尿石をとるにはどれ?クエン酸系の効果は?

ウタマロ 掃除
スポンサードリンク

今日は、実際に使ってみてトイレ掃除が楽しくなった洗剤のおすすめをご紹介します。最近、ビートたけしさんが30年以上トイレ掃除をやり続けているという話を聞きました。自宅だけではなく、ロケ先であったり、隣の家、公園と自分が使ったトイレまで掃除するのだそう。それが、自分の成功の秘密かもしれないと語っていました。

話がそれました!それではおすすめの洗剤をご紹介していきます。

スポンサードリンク

トイレ掃除洗剤のおすすめ!

我が家で使っている洗剤を選んでいる基準は次の3つです。

・環境にやさしい
・手肌にやさしい
・汚れがしっかり落ちる

我が家で使っている洗剤は2種類です。ひとつめがこちら。
ウタマロ
「ウタマロ」です。この洗剤は、トイレ掃除専用ではなく、「家中のおそうじこれ1本」でいけるぐらいどこでもOKな中性洗剤で、素手で洗っても手荒れしにくく、肌に優しいというので人気です。手肌に優しいから汚れが落ちにくいかなーと思いきや、アミノ酸系で洗浄力も高いです。デメリットとしては、香りがきついと感じる方もいるようですが、我が家ではきつ過ぎる感じはせず、むしろトイレが清潔感のある香りになるので掃除にもぴったりだと思います。

毎日この洗剤で掃除していれば汚れもつきにくくなるのもいいですね。油汚れに強いのが評判で台所の掃除に使う方も多いようですが、トイレにもおすすめできる他の理由もあります。それは、床や壁まで掃除できます。

ふたつ目は、こちら。「お願いだから ほっといて! トイレ用」です。
ほっといてトイレ用こちらはトイレの黄ばみや汚れをウタマロよりもしっかり落としたい!というとき、つまり、しばらくの間トイレ掃除をサボってしまったときや、しばらく家を空けて帰ってきたときに使っています。

使い方は「ほっといておく」です^^。便器にキャップ1杯分を注いでブラシで汚れを落とします。便器の奥の汚れって取れにくいんですが、その汚れが取れます。そして評判がいいのが「臭わなくなる」と言うことです。自然界にある微生物の力を使っているらしいのですがこの力すごいです。においもぜんぜんきつく感じません。

この洗剤のデメリットとしては、お値段高めです。我が家の場合にはそんなに頻繁に使う洗剤ではないので、汚れや臭いがひどいとき用として使う分にはいいかなと思っています。

トイレ掃除洗剤尿石をとるにはどれがいい??

トイレでの気になる汚れとしては黄色くて硬くこびりついた尿石があります。これ、なかなか落ちないんですよね。尿石を落とすためには、「酸」を使いましょう。軽石ややすりでごしごし擦るという人もいますが、我が家では今のところそこまでしなくても落ちています。

尿石がよくとれる洗剤としては、酸ポールが人気です。昔ながらのあの緑色の容器に入った洗剤です。値段も手ごろなので、半分ぐらいを一気に使うという人も中にはいます。(そのような使い方をする場合には特に換気をしっかりとしましょう!)あと、先ほど紹介したウタマロも中性洗剤ではありますがアミノ酸系なので軽い尿石程度だったら十分に落ちます。


トイレ掃除クエン酸の効果のほどは?

クエン酸は、先ほども出てきた「酸性」洗剤のひとつ。ですので、トイレの黄ばみに使うことができます。黄ばみや汚れがひどいときには、クエン酸をトイレットペーパーに染み込ませ、「湿布」してしばらく放置する方法もあります。アミノ酸系の洗剤と比べて肌への刺激が強いです。気になる方はゴム手袋を使うようにしましょう。

さいごに

我が家のトイレ掃除で利用している洗剤2種類を中心にご紹介しました。精神論っぽいですが、トイレは自分の心の状態を現す鏡と言う話を聞いたことがあります。そしてあながちうそじゃないなと感じます。

そういう精神論はなしにしてもトイレはきれいな方が気持ちがいいですし、他の人が来た場合にも気持ちよく使ってもらえます。なので、トイレ掃除を毎日やります!(と自分に言い聞かせ中^^)

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました