ブライダルフェア東京の会場で試食とドレス体験 ゼクシィでリサーチ

スポンサードリンク

結婚式の準備をこれから始めるという人も多いはず。どういう式にするのか迷っているという場合には、ブライダルフェアにまずは行ってみることをおすすめします。実際の会場を見たり料理を試食することで具体的なイメージがわきやすいです。

私たちは東京都内で式を挙げたので、ブライダルフェアも東京と神奈川の会場をみてまわりました。そのときに感じた見るべきポイントやお勧めのブライダルフェアをご紹介します。

スポンサードリンク

ブライダルフェア@東京の会場で試食した感想

結婚式で列席者がいちばん気になるのって、料理かもしれません 笑。そして各会場のブライダルフェアでも実際に出されるメニューの試食やシェフが料理の相談に乗ってくれたりします。

行く前は、ちょっと料理が出るくらいかなーと思っていたのですが、会場によっては乾杯ドリンクまでついて予想以上にしっかりと料理を出してくれるところもありました。写真は、白金台にある八芳園 壺中庵さんのブライダルフェアで出された料理です。料理長が結婚式当日のセレモニーで人気と言う鯛の塩釜開きを見せてくれました。壺中庵さんが和風の料亭なので、会場によってはケーキよりもしっくりきます。
壺中庵ブライダルフェア 2015-02-22 16.13.47 2015-02-22 16.16.31 2015-02-22 16.32.20
浅草ビューホテル ブライダルフェア試食
あとひとつご紹介。浅草ビューホテルです。こちらは、浅草のど真ん中にあり、スカイツリーがすぐ近くにあります。こちらでの試食もおいしかったです!量はもちろん少なめですが、当日のコース料理を想定して一通り出してくれました。試食とは関係ないのですが、式場選びのポイントとして、ホテルだと遠方からのゲストの方にはそのまま宿泊して頂けるのはいいですね。
浅草ビューホテル ブライダルフェア試食 2014-10-19 11.22.53 2014-10-19 11.30.30 2014-10-19 11.40.49

ブライダルフェア@東京でドレスの試着

会場によっては、ドレスや着物を試着できます。新郎は、新婦が着るものに合わせるだけなので「お飾り」状態で横に並んで写真を撮ったりしていました。

着物やドレスって、思ってた以上に種類があって驚きました。私たち夫婦は会場が和式だったので着物にしたのですが、色はもちろんのこと、柄の大きさや色どり、パターンによって全く印象が変わっていました。結構いい着物を試着できて、奥さんも楽しそうだったのが何よりもよかったです。


ゼクシィでブライダルフェアを東京会場で探して参加

私たちは他のカップル同様、ブライダルフェアを探して実際に会場を見て式場を決めました。ウェブから直接会場に申し込むこともできるのですが、ゼクシィやマイナビウェディングなどを使うのがやはり便利でした。メリットとしては、

・無料で利用できる。
・どんな式場が二人に合うのかスタッフが一緒に考えてくれる。
・スタッフの方の会場知識が半端ではない。(当たり前ですが、やはりプロだな~と感じました。)
・式場への断りの連絡を本人たちにかわって入れてくれる。
といったメリットがあります。デメリットと言えば、相談の為に店舗に足を運ぶ必要があることぐらいでしょうか。私たちは、1度だけ直接店舗に行き、それ以外のやりとりはほぼメール、1、2回だけ電話しました。

何か所のブライダルフェアをまわる!?

私たち夫婦の場合、6か所を約2週間で回りました。土日を使って2日ともダブルヘッダーの日もあったりで、結構体力勝負なことをしていました。私がみたゼクシイの調査結果だと、平均的には、2.8か所程度のようです。5か所以上の人は、全体の12.4%程度でした。
私たちは多い方だったようです。多くいけばいいというわけではないと思います。スケジュールの都合や場所にもよりますが、たくさん見て「ここだ!」という会場が見つかることもあれば、「どれにしようか迷う~」となる可能性もあります。

個人的には、「決断する!」と言うことが大事。ある夫婦だと決めるのは旦那の役割かもしれませんし、奥さんが得意かもしれません。会場を決めてからも準備はたくさんあるのと、予約もいい日から埋まっていくので、ある程度悩んだら決めるようにしましょう。当たり前すぎるのですが、それが実際に式場選びをしてみて改めて思った感想です。

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました