ママ友から子供のお下がりでお返しはどうする!?

スポンサードリンク

子供のお下がり、もらいたくないけどもらったら?

基本的にはお返しは要らないものです。

でも、高価なものや量が多いといった場合、

嬉しい気持ちを形に変えてお返ししてあげるといいですよね。

ママ同士のお下がりの付き合い、もらいたくなくてももらっておきましょう。

スポンサードリンク

お下がりだから、基本的にはお返しはいらない

子供の洋服や靴、もしくはおもちゃのお下がりをもらったら、

基本的にお返しは要らないのです

そのお下がりは、もう不要なものなので、

相手にとってはもらってくれてありがとうというものだからです。

気に入った洋服や靴といったお下がりのものがあれば嬉しいですが、

気に入らない場合でも受け取らないといけなくなるのです。

全然気に入らないものであれば、

ゴミとして捨ててあげなくてはいけないので、ストレスになったりもします。

もらったお下がりにお返しをするよりも、

もらったお下がりを着てあげるのが、一番喜ばれると思います。

相手にしたら、処分したいけど、誰かに来てもらえたらという思いで

あげているのですから。

子供の洋服や靴は、数回きたらもう着れないこと、本当に多いものです。

お下がりをあげて、もらってというリサイクルで

循環していくことはいいことだと思います。

もしお下がりにお返しをするなら?

スポンサードリンク

お下がりには、お返しは基本的に要らないものです。

でもママ同士のお付き合やお下がりが高価なものが多かった場合や、

お下がりの量が多かった場合など、お返しを考えてもいいでしょう。

ブランドものの洋服などが多かった場合、そのブランドの価値に対してではなく、

相手に気を使わせない1000円未満程度のものでいいのです。

ママ向けのお返しでもいいですし、子供のお菓子でもいいのです。

もしくは、週末に遊びにいったところのお土産など。

特別なお返しは、かえってお下がりをあげたママ友に気を遣わせてしまいます。

今後のお付き合いもあったりすれば、

嬉しいという気持ち程度のお返しで十分なのです。

お下がりを初めてもらった時は悩むと思います。

今度は自分が誰かにお下がりをあげる番になってくると、

もらってくれてありがとうの気持ちになり、

相手からお返しをもらおうとは思わないと思います。

お返しを考えるのは、入園式や卒園式など、

もしくは七五三やハロウィーンといったイベントに1回しか着ていない洋服や

靴ではないでしょうか。

とても綺麗な状態だけど、サイズが合わないから処分するしかないものですが、

1回しか着ていない、大事な洋服というところに敬意を払ってあげると

あげたママは喜ぶと思います。

現金ではないですが、お返しで買い取るといった感じになるのかもしれません。

この場合は、お返しの内容や金額は異なってくるでしょう。

最後に

お下がりをもらいたくないと思っているママもいると思いますが、

ママ同士のお付き合いから断るのは難しいと思います。

お下がりのお付き合いも仕方ないところもありますが、

続いたとしても幼稚園生くらいまでではないでしょうか。

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました