医者もしている風邪予防対策教えちゃいます!!

スポンサードリンク

お仕事が忙しくて、風邪をひいている暇なんてないし、

休むわけにもいかない!

という方、多いのではないでしょうか?

もちろん育児や介護中で風邪をひくわけにはいかない!

という方も多いと思います。

そんな方々にお教えしたい、風邪対策の方法!!

ぜひ、健康な体作りのためにもお役立てください。

スポンサードリンク

驚きの風邪対策5選!!

何かと忙しい現代人…病院に行く時間もない、という方が多いと聞きます。

もし、風邪をひいてしまうと、

体は辛いのに仕事を休むわけにはいかない、病院にいくこともできない。

どんどん具合が悪くなり、結局仕事を休み、

病院にも何度か通わなければならなくなる…。

そんな悪循環を起こさないためにも、

風邪をひかないように、しっかり対策をしましょう!!

さらに風邪といえば、「冬」というイメージもありますが、

「夏」にも風邪をひく場合があります。

クーラーでキンキンに冷えた部屋にずっといたのに、

急に暑い外へ出たことで温度差に体がついていけず、

風邪をひいてしまうことがあるのです。

なので、どの季節でも風邪対策は必要なのです!!

そこで、私がおすすめする「風邪対策5選」をご紹介していきます。

⑴風邪予防にもなる入浴をしましょう!

まず、シャワーを浴びるときには首の後ろに、

温度が高めのお湯を当てるようにしましょう。

首の後ろには太い動脈が通っているので、

温めることで新陳代謝の働きが活発になるのです。

短時間で冷え切った体を温めることができます。

そしてできるだけ、15分は湯船に浸かるようにしましょう。

湯船に浸かったら、意識的に蒸気を吸い込むようにします。

じっくりと蒸気を吸い込むことで、鼻の粘膜と喉を潤すことができ、

風邪の予防にとても役立ちます。

喉には「せん毛」と呼ばれる、細胞小器官があります。

この「せん毛」によって、口・鼻から入ってきたウイルスが排出されます。

しかし、喉が乾燥していると、せん毛の粘膜が蒸発しやすくなっており、

上手くウイルスを排出できなくなってしまいます。

そのため、風邪をひきやすい体となってしまうのです。

入浴する際は、体を温め、お風呂の蒸気をじっくりと吸い込むこと。

そして、入浴後はじゅうぶんな水分補給が必要です。

⑵家の掃除はこまめに行いましょう。

掃除を怠ってしまうと、人が動くたびに細菌やウイルス、

カビを巻き上げ、ばらまいてしまいます。

その菌やウイルスを吸い込んでしまうことで、

喉や鼻の粘膜が傷付けられ、風邪をひきやすい体となってしまうのです。

そのため、家の掃除はこまめに行い、

できるだけ菌やウイルスの少ない空間にしましょう。

⑶食べ物はしっかり噛んで食べるようにしましょう。

風邪対策に関係ないように思われるかもしれませんが、

立派な風邪対策になります。

唾液には殺菌効果があります。

しっかりと食べ物を噛み咀嚼をすることで、唾液がたくさん分泌されます。

その唾液により、風邪対策になるのです。

⑷エアコンの直撃を受けないようにしましょう。

最近の夏は暑くてたまらないですよね…

それで思わずエアコンに近づいて体を冷やそうとしてしまいます。

私もそうです。外から帰ってくると、

ついついエアコンの真下に行ってしまいます。

でも、これだと部屋の中は乾燥していき、

エアコンから出てくる目に見えないカビや汚れを吸ってしまい、

風邪をひいてしまうきっかけとなってしまいます。

風邪をひかないために部屋の湿度は40%以上に保っておくことが効果的、

だといわれています。

スポンサードリンク

⑸手洗い・うがい!!

最も基本的な対策ではありますが、一番重要な対策方法なのです!!

良く知られており、いつでも簡単にできる対策方法です。

手や喉の奥についた細菌やウイルスを洗い流すことができます。

口の中や喉の粘膜は菌やウイルスが繁殖しやすい場所なので、

積極的に手洗い・うがいをして、菌やウイルスを洗い流すようにしましょう。

また外出から帰ってきたときは、玄関前で必ず髪や洋服をはたいて、

体についている菌やウイルスを落とすようにしましょう。

この方法は、実際に風邪やインフルエンザの原因になる菌や

ウイルスを落とすことが証明されています。

風邪をひかない体作り!

風邪をひかないようにするには、毎日の生活習慣が大切になってきます。

そして、そのことは健康な体作りにもつながってくるのです。

それでは、私がおすすめする風邪をひかない体作りのために

行ってほしいことを紹介していきます。

⑴手洗い・うがい

やはりこの2点はどうしても避けることはできない重要事項なのです。

外出をしたとき、食事をしたとき、

どんなときでも口や手には細菌やウイルスはくっついてしまいます。

きちんと手洗い・うがいをすることで、

細菌やウイルスを流し落とすことができます。

少しでも疲れなどで体の免疫力が落ちていると、

風邪の原因となってしまいます。

自身でできることは積極的に行うようにしましょう。

また、塩水や緑茶でうがいをすることで、

殺菌効果をさらに期待することができます。

⑵適度な運動を行うようにしましょう。

ジョギングや散歩など、軽い運動で構わないので、

日常に取り入れるようにしましょう。

運動をすることで、体の免疫力が上がり、

風邪をひきにくい体にすることができます。

⑶正しい食生活を心掛けましょう。

食生活に偏りがでてしまうと、必要な栄養素を摂取することができず、

体の免疫力の低下につながってしまいます。

忙しさでつい、ジャンクフードに頼ってしまいがちですが、

できるだけ食生活には気を付けるようにしましょう。

また風邪の予防には、ネギが効果的だといわれています。

味噌汁の具に加えたり、冷奴にネギを付けたりするだけでも大丈夫ですよ。

⑷ビタミンCを摂取しましょう。

栄養素の中で、風邪予防にはビタミンCが効果的です。

もし風邪をひいてしまった場合でも、抗ヒスタミン効果により、

症状を和らげるといわれています。

また、治りを早くしてくれる効果もあります。

しかし、毎日ビタミンCが含まれている食事を摂るのは難しいですよね。

そこで、サプリメントに頼るのも良い方法ですよ。

⑸しっかり睡眠をとりましょう。

寝不足は、体の免疫力を下げてしまう一因です。

お仕事や日々の家事・育児で寝不足になってしまうことがあるのは確かです。

しかし、この状況が一番風邪をひきやすい状態なのです。

体力的にも弱っていて免疫力も低下してしまっているため、

風邪をひきやすく、治りも非常に遅くなってしまいます。

睡眠をしっかりとるようにすることで、

健康な体作りを目指すことができます。

最後に

風邪をひいてしまい、大事なときに休まなくてはならなくなってしまった…

そんな経験は皆様もあるのではないでしょうか?

私は子どもの大事な発表会の時に風邪をひいてしまい、

見に行けなかったことがあります。

そのようなことが起きないようにするためにも、

日々の生活習慣を正すことが大切です。

まずは手洗い・うがいから始める、でも良いと思います。

そして、風邪をひきにくい、

さらには健康的な体作りを目指していきましょう!!

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました