猫のくしゃみの原因は?花粉症の対策と猫風邪の治療期間&費用

風邪猫 花粉症
スポンサードリンク

猫がくしゃみをしていた場合、花粉の飛散量が多い日だったら
それは花粉症かもしれません。

もしくは、猫風邪や他のケースも考えられます。

愛猫がくしゃみをしているときの原因と対策についてまとめます!

スポンサードリンク

猫のくしゃみの原因は?

猫がくしゃみするのは花粉症が原因?

猫も人と同じく、いわゆる「花粉症」があります。

症状は、くしゃみや咳、鼻水といった症状もそうなのですが、
猫の場合には皮膚トラブルが症状として出ることが多くあります。

症状の元凶となるアレルゲン(アレルギーの原因)は、
スギ、ブタクサやブナ、ヒノキといったようにヒトと同じく植物の花粉です。

猫のくしゃみの原因は猫砂かも

猫砂がくしゃみを引き起こすこともあります。
取り替えのときに窓から光が差し込んでくると、
砂埃がまっているのが見えるかもしれませんね。

猫砂だけではなくって、タバコの煙やホコリ、芳香剤などの刺激が
原因が引き金になってくしゃみが出ている場合もあります。

「くしゃみをしだしたな~」と気づいたら、
それらがないか確認してみましょう。

室内で空気清浄機を使うのもいいですね。

猫砂については、紙製のものではなく「おから」のものを使うと
ホコリが舞いにくいです。
「おからの猫砂グリーン」という商品がおすすめ。
おからのものは崩れやすかったり軽すぎることが多いのですが、
こちらはちょうどいいですし、ホコリも立ちにくいです。

こちらです☆
おからの猫砂6L×4個セット

他の方法としては、システムトイレの容器に「木の砂」を入れて
下にペットシーツを敷く方法でもホコリが立ちにくいです。
木の砂は固まらないタイプで、「パインウッド」とか「ナチュラル100」です。

猫風邪によるくしゃみかも

くしゃみや涙目になっているという症状で
もっとも考えられるのがこちらです。

猫風邪は、ウイルス性の気道炎。

ワクチンで予防できるので、接種していない場合に
この可能性は高くなります。

病原体は、カリシウイルスやクラミジア、マイコプラズマ、
ヘルペスウイルスとさまざま。

複数の病原体に感染してしまい発症することが多く、
ワクチンがあるのは、特に症状を悪化させる
ヘルペスウイルスとカリシウイルス。

まったく罹らなくなるわけではなくて、
罹っても軽い症状ですむようになります。

でも、他のウイルスだったらどうしようもないです^^;

廊下や気温の変化、体力が弱ったときに発症しやすくなるので、
元気がなくなっている時には要注意です。

あと、大量の目やにが出る場合もあります。

猫の伝染病のことも

鼻水が出て泊まらないようであればなんらかしらの伝染病かも。

膿となった鼻水や鼻血が出ている場合には重症のことも。

普段、猫はそんなに頻繁にくしゃみをすることはありません。
リラックスしてゴロゴロ言っているときか、体調が悪いときのどちらか。
くしゃみや鼻水が続く用であれば病院に連れて行きましょう。

では、くしゃみが出ている場合には、
どのように対策すればいいのでしょか?

猫が花粉症のときの対策

花粉症の場合の対策は人間と同じように、
空気清浄器や掃除で室内の花粉を除去しましょう。

外に干した洗濯物は、ちゃんお花粉を落としてから
おうちの中に入れるようにします。

家族に花粉症の症状がなくって、
猫だけに花粉症の症状が現れている場合には、
忘れてしましがちですね。

忘れないで~!

ちなみに、病院に行けばアレルギー検査をしてもらえます。

花粉症と判明した場合には、抗ヒスタミン剤での
治療が多いです。

芳香剤やほこり、猫砂は
先ほどご紹介したとおりです。

くしゃみをし始めたら、猫の周りでほこりや
刺激が最近増えなかったのかチェックしましょう。


猫風邪での治療期間と費用は?

猫風邪の場合には、点眼と注射、もしくは内服薬を投与します。

目やにが出ているだけだったら、最初は目薬だけで
様子を見るということになるかもしれません。
費用としては、目薬、内服薬(3日分)、注射で
3千円から5千円程度。

期間は、症状によって何とも言えませんが、
3日間で治ることもあるし、1か月で完治する場合もあります。

家では目やにを拭いて清潔にしてあげるとともに、
栄養価の高い餌やりましょう。

猫のくしゃみは・・!

まとめると、猫にも花粉症があるので、
もしかしたら花粉症かもしれませんし、
ホコリや刺激物が原因かもしれません。

まずはそれらを除去して、
周りの環境を改善していきましょう。

それでもくしゃみが止まらないしないようであれば
病院へ連れて行きましょう。

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました