ママ友との付き合い方を知ろう。NOと言える勇気は必要です!

未分類
スポンサードリンク

ドラマや本で、お母さんを題材にしたものは結構ありますよね。
ですが、割と重い内容のものが多く見ているだけでも恐ろしくなってしまいます。
ドラマの設定ですよね?と他人事のように思っているあなた!その考え甘いです!
そんな恐ろしい一面を持つ反面、子供中心の生活になる女性たちにとって、子供のこと、旦那のこと、家事のことなど、同じような悩みを分かち合えるママ友の存在は必要不可欠です。それでは、どうやったら絶妙な距離を取りつつ、負担にならないちょうど良い関係性を築いていけるのでしょうか?

スポンサードリンク

人を見極めよう

誰にでも近づきたくない人、嫌いな人な存在します。トラブルに発展しやすそうな人に自ら近づかないように気をつけるだけで、その後のママ友とのお付き合いが楽になります。トラブルに発展しやすそうな人とは、以下の通りです。

デリカシーがない人

他人のことを色々と知りたがる人には要注意。
話を勝手に広げて他人に話す傾向があります。家庭内のことなど聞かれた時は、詳細は話さずに曖昧な返事をしておきましょう。

悪口を影で言う人

他人の悪口を聞いたら、かなりの確率で自分の悪口も言われていると思いましょう。そういう人は人の悪口を言わないと気が済まない人です。

知り合いに合わせたがる人

宗教や詐欺などを進めてくる恐れがあります。気を付けましょう。

気持ちのいいママ友を作る工夫

スポンサードリンク

NOと言える勇気を持つ

自分が楽しくない時は無理して一緒にいる必要はありません。むしろ疲れてしまうようなら断りましょう。
親が不仲だから子供も不仲になるなんてことはよくあることですが、私と仲良くないからあの子には近づくなというような親なら関わらないでおきましょう。

相手の夫の悪口に同調しない

夫や家族に対する愚痴は、ママ友同士の会話のトピックで1位、2位を争うテッパンの話題。しかし、そこで調子に乗って、相手のご主人に対する悪口に同調しすぎるのは危険です。自分で言うのは良くても、他人に家族の悪口を言われると腹が立つものですよね。相手の意見に理解を示しつつ、同時にご主人に対するフォローもするというバランスに気を使って会話に参加しましょう。

子供を比べないようにしましょう

ママ友はライバル関係になるべきではありません。幼稚園行事や受験など、自分の子供と他の子達を比べたくなる機会はたくさんあると思いますが、子供たちは一人一人違った才能を持ち、異なるペースで育っている過程です。子供を自分の所有物のように扱い、競わせるようなことは絶対に避けましょう。ママ友同士のライバル意識を高め、ピリピリとした空気を作り上げてしまうだけでなく、子供を傷つけてしまう可能性も大いにあります。

さいごに

「ママ友」とは、厳密には自分の友人ではない微妙な存在。助け合えるところは助け合いながらお互いに良い関係性を築いていけるよう、まずは自分が意識することから始めるのが大切です。

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました