安い!高栄養!手軽!豆苗レシピ人気満載!

豆苗といえば、最近テレビでもよく話題になっている野菜ですよね。

シャキシャキとした食感でクセのない味わいで、

栄養価も高く、大人気の野菜です。

どうしてこんなに人気になったのでしょうか。

豆苗の魅力や良さを皆様に伝えることができたら、と思っています。

レシピも掲載します!

ぜひ、参考にされてみてください。

スポンサードリンク

脇役だった豆苗が主役に!美味しくて簡単レシピで今日も健康

豆苗は、最近ではスーパーで約100円で購入することができます。

とてもお手軽に手に入るようになりました。

そして、最近ではレシピの提供サイトで、

上位にランキングされるほどの大人気な野菜となっています。

そんな豆苗ですが、一体どのような野菜なのでしょうか。

見た目はかいわれ大根のような見た目ですが、

実は「エンドウ豆(グリーンピース)の若菜」なのです。

私も初めて見たときは、カイワレ大根の新種?と思っていました…。

実は、見た目の頼りなさには考えられないほど、

栄養価が高いのです!

様々な栄養を含んでいて、

「ビタミンK」、「ビタミンA」、「葉酸」、「ビタミンC」

摂取することができるのです。

「ビタミンK」

骨の形成を助けてくれるビタミンです。

骨がもろくなりやすい、中高年の方や子どもに

摂取していただきたいビタミンですね。

「ビタミンA」や「ビタミンC」

老化の原因といわれる活性酸素を除去してくれる作用があります。

美容が気になる女性に、ぜひおすすめな栄養素です。

「葉酸」

赤血球の形成を促してくれる栄養素です。

妊娠中の女性は積極的に摂取していただきたい栄養素として、有名ですね。

豆苗には他にもたくさんの栄養素があります。

エンドウ豆を発芽させた新芽野菜である豆苗は、

「豆」と「緑黄色野菜」の両方の栄養を併せ持っている野菜です。

そのため、栄養バランスがとても良いのです。

「βカロテン」、「ビタミンC」、「タンパク質」、

「ビタミンB1」、「ビタミンB2」、「ビタミンB6」

多く含まれているのです。

「βカロテン」

「βカロテン」は体内で「ビタミンA」に変換される効果を持っています。

「ビタミンA」には肌の潤いを保ってくれる効果を持っています。

そのため、乾燥が気になる季節や乾燥が気になる方へおすすめです。

「ビタミンC」

コラーゲンの生成に必要とされている「ビタミンC」が

豊富に含まれています。

コラーゲンは血管や骨、筋肉を強くし、

肌のハリやツヤを保ってくれる効果があります。

そして「ビタミンC」には、しみやそばかすを

防いでくれる効果があります。

「ビタミンB1」、「ビタミンB2」、「ビタミンB6」

水に溶ける水溶性ビタミンです。

ともに皮ふや粘膜の健康維持を助けてくれるビタミンです。

 

このように豆苗は、様々な栄養素が豊富に含まれており、

スポンサードリンク

健康な体作りにも、美容のためにも、ピッタリな食材と言えます。

豆苗について、非常に詳しく

解説してくださっているサイトがあります。

こちらは、「村上農園」さんで運営されています。

実際に豆苗を栽培・販売もしております。

「村上農園」さんの「豆苗研究会」にて、

様々なレシピが紹介されています。

期待ができる効果別に、まとめられており、

すごく参考になります!

ぜひ、ご参照ください。

http://www.murakamifarm.com/myouken/eat/combination/

 

いかがでしたでしょうか?

豆苗の素晴らしさが皆様に伝わったのなら、嬉しいです。

豆苗を食べて、共に健康になりましょう!!

 

栄養価の高い豆苗で献立を増やす一品!簡単お手軽レシピ登場!

ここからは、お弁当のおかずにもなり、

立派なおかずにもなるレシピを紹介していきます。

なんと!節約野菜でおなじみの

「もやし」と一緒に使ったレシピです。

・ナムルにしてみましょう!

簡単にあと一品☆もやしと豆苗のナムル

https://cookpad.com/recipe/2685963

・おひたしにしてもOK!

レンチン♪おひたし

https://cookpad.com/recipe/256721

・ごま和えにしても美味しい!

節約&栄養満点。豆苗ともやしのごま和え

https://cookpad.com/recipe/3025332

・安定のマヨポンでも、お箸が進む!

節約☆もやしと豆苗のマヨポン

https://cookpad.com/recipe/2047665

いかがでしょうか?

節約をしながらも、しっかりとおかずを食べることができます。

ぜひ、ご賞味ください。

 

下記のサイトでは、

作り置きのできる豆苗のレシピを紹介しています。

たくさん作って、日々のおかずやお弁当のおかずに重宝しますよ。

https://recipe.rakuten.co.jp/category/12-100-444/stock168/

 

いかがでしょうか?

豆苗は炒めてもサラダでも、

様々な調理法で美味しく食べることのできる万能食材なのです。

ぜひ、日々使うお野菜の仲間入りにしてください!

最後に

豆苗の人気を支えているのは

一度で二度美味しい!というところです。

スーパーなどで豆苗を購入し、

根っこをカットして、水を入れたお皿にいれます。

これで下準備は完了です。

その後、1日1回、水の交換をしましょう。

そうすると、1週間ほどで、新しい豆苗を食べることができます。

この再生方法は一度きりで終わりですが、

二度目も成功させることができる人もいるそうです。

節約ができる野菜としても、優秀な野菜ですね。

これからも人気が止まらない、注目の野菜といえるでしょう。

スポンサードリンク

コメントを残す