「接触性皮膚炎」まさかこんなことが原因に!?その対処法

出産
スポンサードリンク

接触性皮膚炎とはつまり「かぶれ」です。何らかの外敵刺激が接触し、肌がかぶれることの総称です。刺激の種類は様々で金属や赤ちゃんのよだれ、紫外線などもあります。アトピーとよく似ているので間違われることも。今回は接触性皮膚炎の原因と治療法についてご紹介します。

スポンサードリンク

接触性皮膚炎とは?


接触性皮膚炎は「刺激性皮膚炎」と「アレルギー性皮膚炎」とがあります。
刺激性皮膚炎は刺激が加わると、皮膚が紅斑(赤い湿疹)や丘疹(皮膚が盛り上る)、水疱(水ぶくれ)などが起こります。火傷のような大きな水ぶくれができることもあります。湿疹などと同時に強い痒みと痛みが出ることも。
アレルギー性皮膚炎は原因物質と接触してしばらくたってから発症することが多いです。症状は紅斑や丘疹があり、痒みを伴います。その後、患部が腫れあがったり水ぶくれができることも。時間がたつにつれて症状は軽快していきます。

接触性皮膚炎の原因は?

刺激性皮膚炎は刺激になる物質に触れることで発症します。毛虫や強力な洗剤などの毒性があるもの、強い刺激のものが原因です。
アレルギー性皮膚炎は、植物、食べ物、金属、化粧品や洗剤、外用薬などが原因で起こります。特に有名なのが「うるし」。うるしを触るとかぶれるということは、みなさんもご存知ですよね。他にもアレルギーを引き起こすゴムなども原因のひとつ。
赤ちゃんの場合はよだれや汗、食べ物などで発症することが多いです。
原因を特定するためにパッチテストをすることもあります。


接触性皮膚炎の治療法は?

まずは患部を水でよく洗い流しましょう。毛虫に刺されたときは毛を抜き取ります。
ステロイド軟膏が処方されるので、患部を清潔にし、お医者様の指示通りに塗っていれば数日で良くなりますよ。かゆみが強い場合は、抗ヒスタミン剤が処方されます。
接触性皮膚炎はアトピーと症状はよく似ていますが、アトピーと違い原因となるものを取り除けば症状はよくなってきます。
そのため、何が原因で起こったのかをきちんと突き止めることが大切です。
「いつ」、「どこで」、「どんなときに」起きたのか行動を振り返ってみましょう。これからの予防にも大きくかかわることなので、原因物質の特定は重要です。

まさかこんなことで接触性皮膚炎に!?その原因とは?

いかがでしたか?
接触性皮膚炎を起こしたとき、アレルギーのもとになるものと接触していれば、特定しやすいのですが、まれにこんなことで!?というような原因もあります。例えば、子どもが良く遊ぶ公園の砂や自分が履いているスニーカーにこすれたときの刺激などです。こんなことも原因になるなんてまさか考えないですよね。度々かぶれなどが起きているならば、時間やそのときの環境、何をしていたかをメモしておきましょう。
赤ちゃんが口にしていたおもちゃや調味料なども原因となるので、かぶれが起きたら原因の特定を急いでくださいね。

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました