第3のミルク「ライスミルク」その成分と美容効果5選

美容
スポンサードリンク

牛乳や豆乳に続いて第3のミルクとして注目しているのが「ライスミルク」です。その名前のとおり、お米から作られたミルクです。

ライスミルクはネット通販やナチュラルローソン、コストコなどで購入することができます。海外からの輸入品が多いですが、最近は国産のライスミルクも発売されています。

スポンサードリンク

ライスミルクの原料は?


原料は玄米を使うことが多く、
植物油
食塩
水と非常にシンプルな原料です。
アメリカやヨーロッパなどではベジタリアンに人気で、大豆や乳などにアレルギーがある人の代替品としても愛飲されています。牛乳を飲むとお腹がゴロゴロしてしまうという人にもおすすめです。

ライスミルクの栄養価は?

主成分が玄米のライスミルクは、植物性の原料から作られているので低カロリーでノンコレステロールです。味はほんのりお米の甘味が感じられて、さらさらであっさりしています。牛乳に比べるとカルシウムやタンパク質は少なめですが、製品によってはカルシウムなどをプラスしたものもあります。原料がお米なので、炭水化物が多めなのが特徴です。


ライスミルクは料理にも使えます

ライスミルクは、牛乳と同じように料理に使うこともできます。
シリアルやオートミールにかけたり、クッキーやパンケーキの材料にしたり、グラタンのホワイトソースを作ったり、使い勝手が良いです。
アレルギー食としても使えて、お米が原料なので離乳食期の赤ちゃんから飲めます。

ライスミルクの美容効果

ライスミルクの主成分である玄米にはさまざまな美容効果があり、ライスミルクはダイエット食品としても注目されています。

① ダイエット効果

  牛乳より低カロリーでノンコレステロールだから牛乳と同様に摂取しても太りにくいです。主成分の玄米には食欲抑制作用があり、糖質の分解を促進するビタミンB1や脂肪の代謝を促進するビタミンB2が豊富に含まれています。

② 美肌効果

  玄米には肌を老化から守る抗酸化物質と肌のバリア機能を向上させるセラミドが豊富に含まれています。

③ むくみ防止効果

  玄米にはビタミンやミネラルがたっぷり含まれているのでむくみ防止に効果があります。

④ デトックス(解毒)効果

  玄米は体内に蓄積された環境ホルモンや農薬・水銀などの毒素を排出する働きがあります。

⑤ 白髪予防効果

  玄米に含まれるセレニウムというミネラルが白髪を予防し、黒髪を増やす働きがあります。

さいごに

栄養価があり、嬉しい美容効果も期待できるライスミルク。ぜひあなたの食習慣に取り入れてみませんか。

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました