天才児をつくる育児とは?頭のいい子は親にしかつくれない!?

子育て
スポンサードリンク

赤ちゃんの教育は、生まれたその日から始まっているのです。
大きくなってから勉強をさせるより、1歳までに楽しみながら、愛情をかけながら育児をと通して、シナプスを増やして、脳の神経細胞を強化しましょう。

スポンサードリンク

赤ちゃんに必要なのは


人間の赤ちゃんは、他の動物の赤ちゃんと違って、世話をしてもらい学習をしないと生きていけません。手や足や口の使い方を教えてもらって育っていきます。
この時、脳の働き方が変わるのです。脳科学に研究が進んだおかげで、子育てには脳科学の知識が必要と考える保育・教育の専門家が、世界中で増えています。
それは脳科学の知識を利用して教育・子育てをする方が、良い人間に育てられるからです。

0歳での教育がとても大事!

なぜ0歳での教育が大事なのか…?0歳の時のシプナスの数で、その後の発達が変わると言われています。
神経細胞は、誕生の時点でほぼつくり終えていると言われています。しかし、シナプスの数が少ない為、神経細胞同士の繋がりはほとんどありません。脳の場所によって異なりますが、出産直後から脳を働かせて神経細胞を使うと、シナプスの数が増え始め、生後8か月から3歳くらいの間にシナプス密度が最大になります。
神経細胞同士が繋がる事で、神経回路ができ、シナプス密度が最大になる時、その領域の基本的な働き(見る・聞く・触るなど)ができるようになると考えられています。
とても大切な事は、生後すぐに、全ての領域で脳を刺激し、働かせるという事です。あらゆる感覚を刺激する必要があります。声をかけ、手間ひまをかけて、いろいろな刺激を与える事です。それが赤ちゃんにとってとても大切なのです。

天才児・天才脳の教育は…

赤ちゃん教育は、生まれたその日から始めなければなりません。生まれた瞬間から働きかけをすれば、それだけシプナスが増え、神経回路ができるからです。親になったその日から6つの覚悟を心に決めた方が良いと言われています。

*他の赤ちゃんと比較をしない

赤ちゃんの成長には、個人差があります。成長が早い子…マイペースな子…。本当に人それぞれなのです。他の赤ちゃんと比べて一喜一憂するのは間違いです。

*放ったらかしにしてはいけない

人間の赤ちゃんは、動物の赤ちゃんとは違い、とても未熟で一人では生きていけません。きちんと面倒をみて、ひとつひとつ教育していかなければなりません。

*毎日学習をさせなければいけません

0歳児の教育は、5感や体を刺激してあげる事です。その時期に適した刺激を、少しずつ行う事が大切です。

*親も一緒に学習しましょう

0歳の赤ちゃんは、人間の生涯の中で変化が1番激しい時期です。同じ月齢でも、体型や成長の仕方が違います。なので、他の赤ちゃんと比べるのは良くありません。

*ママの体力がなければいけません

絶えず赤ちゃんに働きかけができる様に、ママ自身も体力をつけておきましょう。

*赤ちゃんと接する事を楽しみましょう

正しい働きかけをしていれば、学習の成果は必ず表れます。正しい働きかけをする為にも、成果を見極める為にも、赤ちゃんと密に接しながら楽しんで学習すると良いです。

この記事のまとめ

・脳科学を利用して子育てをすると、良い人間に成長する。
・生まれた直後から、脳を刺激することを意識して育児することで、神経回路 
 が発達し、今後の成長に大きな影響を与える。
・天才を育てるためには、生まれた直後から脳の刺激を意識した育児をすることが大切であり、そのためには、6つのポイントがある

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました